• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


[読みもの]「カフェという場」について

cafetoiuba_top2

「カフェという場」について

マメヒコではどのお店も、
真ん中に大きなテーブルがあり、
それを囲むように席を作っています。
そういうお店で働いていると、
不思議な光景を見ることがあります。

目の前に座っている、
さっきまで知らなかったお客様たちが、
他愛もないお話しから意気投合し、
気づいたらテーブルを囲んで
話し込んでいる、
そういうことが時々あるのです。

そういう光景を見ると、
カフェは誰かひとりのものではなくて、
そこに集まるヒトたちの
場所なんだなー、と思います。

たとえば、なにかイヤなことがあって、
今日はまっすぐ帰りたくないなと思い、
ふらっとカフェに寄る。
そこに感じのよい店員さんがいて、
つかず離れずの対応がある。
そこで飲んだ珈琲やお茶で一息つくと、
なんだかふと、明日もがんばろって、
思えることがあります。

だから、ワタシは
カフェが大好きなのです。
昔は、雑誌を見ては、
いろいろなカフェに行きました。
川口葉子さんの
「東京カフェマニア」の大ファンで、
川口さんおすすめのお店をのぞいたり、
いくつかのお店では
働いてみたりもしました。
マメヒコで働くようになったのも、
「東京カフェマニア」のサイトに、
求人が掲載されていたのが
きっかけです。

「マメヒコって雑誌を作ったり、
映画を作ったり、畑をやったり。
いったいなんなんですか?」260_MG_0394と、お客様に聞かれることが
たびたびあります。

たしかにそう見えるかもしれませんね。
でも、働いているワタシには、
違って見えることも、すべてひとつに
つながっている気がするのです。

毎年、年末にマメヒコは店内の音楽を、
クリスマスの音楽に変えます。
昨年、あるお客様から
こんなことを言われました。

「私はマメヒコが好きすぎて
お店の近くに引っ越して来たほどなの。
それはマメヒコでかかっている
音楽が好きだからなの。
古いバロックとか、
音楽を誰かが丁寧に
選んでいるのがわかるわ。
けど、このクリスマスの
音楽は許せない。
チャラチャラしていて、
どうしてこんな音楽を選んだのか、
理由が聞きたいわ。失望した」
と怒って、帰られてしまったのです。

珈琲が好きで、
マメヒコに来た方も
いらっしゃいますが、
それだけではなく、
先ほどのお客様のように
店内で流れる音楽に魅かれて
いらっしゃる方も多いのです。
ほかにも、店内のテーブルを
気に入ってくださった方や、
映画やお芝居に心から感動した、
というのがきっかけの方も。104.CR2それぞれのきっかけで、
マメヒコに集まってくださった
みなさん一人ひとりの顔を、
ワタシたちはよく知っています。
この回覧板を始めるとき、
そういう、一人ひとりの顔を無視して
書いてはいけないなと思いました。

マメヒコはみなさんの生活のほんの
一部でしかないかもしれないけど、
マメヒコで過ごすひとときが、
みなさんの素敵ないろどりになった
という確信が何度かあるから、
ワタシたちは今日も
朝早くから夜遅くまで
お店を開けていられるのです。

それはとってもうれしいことです。

まめひこさんとご近所さん 回覧板 2016.04.11号より

back_to_list2