• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


[読みもの]マメヒコの珈琲教室 深煎りと浅煎りの話 1

asa_fuka01top

時代とともに変わっていく焙煎のトレンド

今回は珈琲の味を大きく左右する、
豆の煎り方の話をしようと思います。
あなたは普段、深煎りと浅煎り、
どちらの珈琲を飲んでいますか? 
あまり意識していない方も多いと思います。
浅煎りと深煎りでは、
じつは同じ産地の珈琲でも
味がまったく変わるんですよ。

ものすごく簡単に言うと、
あっさり焼いたものが「浅煎り」、
しっかり焼いたものが「深煎り」です。
AW5A3391_2まず、煎り方の変遷について振り返りましょう。
もともと日本には喫茶店文化があって、
珈琲は喫茶店で飲むものでした。
この頃は、キリマンジャロやモカなど、
豆の収穫産地が重視されていて、
そういう分類で珈琲を選んでいたんです。
だからこそ、その味の違いを楽しむために
豆は浅煎りにしている店が多かった。
なぜ、浅煎りだと味の違いが楽しめるかは、
後ほど説明しますね。kikuchi_tennai1980年にはドトールができて、
どんどん店舗を増やしていきました。
一方、長引く不景気などの理由で
喫茶店はだんだんなくなっていきます。
そして1996年からはスターバックスが
怒涛の勢いで日本に進出してくる。
このスターバックスの珈琲っていうのは、
喫茶店とは逆に、極めて深煎りなんです。

なぜスターバックスが深煎りにするかというと、
スターバックスのメイン商品は
エスプレッソだからです。
スターバックスは、ハワード・シュルツが
イタリアのカフェバールで
エスプレッソとその文化に
感動したことから始まりました。
エスプレッソには伝統的に深煎りの豆が使われています。
あの店は、アメリカに
ヨーロッパ的な珈琲の飲み方を
導入したことが新しかったんです。IMG_1506もともと、「アメリカン」といえば
薄い珈琲の代名詞なくらい、
アメリカの珈琲は基本的に薄かった。
そしてそれは、
1杯50セントくらいで売られていた。DSC00150

でもスターバックスでは
2ドル50セントくらいする珈琲類を、
付加価値をつけて売り出した。
それがシアトル系珈琲の始まりです。

ヨーロッパ発だから、深煎り。
日本で言うヨーロピアンロースト、
イタリアンロースト、フレンチローストと、
呼ばれているものは、
要するにみんなまとめて深煎りってことなんです。
エスプレッソにしても飲める豆なので。
そんなわけで、スターバックスが普及して
日本の珈琲は全体的に深煎りになりました。

少し戻って、
日本を代表する珈琲チェーンのドトールは、
どうでしょうか。
ドトールは、スターバックスよりは浅煎りです。

でもいわゆる喫茶店よりは深煎り。中間くらいですね。
そして、わりとお湯多めで淹れるので、
アメリカンっぽいです。

コンビニ珈琲にも違いはある

おもしろいのは、セブン-イレブンのセブンカフェ。
あれは、お湯も多すぎず、深煎りすぎず、
中庸をうまく狙っています。
コンビニ珈琲の中でもセブン-イレブンだけが、
ドリップ珈琲に特化しているんです。

ローソンの「マチカフェ」も
ファミリーマートの「ファミマカフェ」も、
エスプレッソマシーンで出しています。
ドリップではないんです。_MG_6304深煎りのエスプレッソにいくらお湯を入れても、
苦味は変わりません。
だから、珈琲としてはいまいちだと思う人も
多いのではないでしょうか。

でも女性はカプチーノとかカフェモカとかが
好きだと思われていて
(おそらく、そういう調査結果に基づいて
商品設計がされていて)、

多くのコンビニはそのメニューを捨てきれない。
セブン-イレブンだけが違います。
浅煎り傾向の豆を使って、ドトールとスタバの真ん中を、
ドリップで攻めてきている。
マメヒコと、気が合うなと思います。

さて、マメヒコは深煎りと浅煎り、どちらでしょうか。
答えは、浅煎りを推しています。
(深煎りもあるんですけどね)

というのも、深煎り珈琲って、ほうじ茶なんですよ。
豆をとにかく焦がしてつくる。
ほうじ茶はほうじ茶でおいしいけれど、
煎茶みたいな複雑な味わいはないですよね。

深煎りにすると、珈琲のうまみの半分も味わえない。
そういうことを教えてくれたのは、
マメヒコが豆を買い付けている焙煎元「菊地珈琲」でした。

(続く)

次の記事:Lesson 3 深煎りと浅煎りの話 2


マメヒコの珈琲教室


Lesson 1 美味しい珈琲の3つの条件
Lesson 2 深煎りと浅煎りの話 1
Lesson 3 深煎りと浅煎りの話 2
Lesson 4 深煎りと浅煎りの話 3

back_to_list2