アーカイブ: Sull’aria ’17 - ページ 2

ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.18 歌い継がれる魅力

先週に続き、 ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のお話を。 名曲揃いのこのミュージカル。 つい口ずさみたくなる歌詞と曲が こうして長きに渡り愛される作品を育てたように思えます。 歌い継がれる…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.17 今こそあの名作を

今年、人生初のミュージカル出演を果たす増原さん。 お稽古、お稽古…!の日々が続いているようです。 ミュージカルにもいろいろありますが 言わずと知れた、ミュージカルのあの名作を 今この機会にこそたっぷり…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.16 カラリと乾いた音で

イタリア、ナポリで 最先端の音楽が生まれていた時代。 チェンバロで演奏される楽曲も 数多生まれました。 乾燥したナポリの気候の中で カラリと軽く乾いたその音が 当時のナポリには響き渡っていたことでしょ…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.15 マメヒコ版オペレッタ

オリジナルの脚本を書き下ろして オペレッタをマメヒコで上演できないか? そんなことを思いついてしまいました。 オペレッタ「こうもり」を題材にした マメヒコ版オペレッタとは 一体どんな作品になるのでしょ…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.14 思い浮かぶはサティ

増原さんはこの収録の前日に マメヒコのイベントにて 音楽プロデューサーであり、 ラジオ瀬尾さんのパーソナリティでもある、 瀬尾さんと出会いました。 そこで瀬尾さんの姿に重ねたのは フランスの作曲家、サ…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.12 世界遺産で歌う

人生初のカンボジア旅行に行ってきた増原さん。 その道中、ひょんなことから 世界遺産で歌い、それを撮影する企画が持ち上がりました。 いったい何がどうなってそうなったのか… どこにどんなご縁があるかはわか…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.11 シチリアの音色でなければ

オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」は 間奏曲がとくに有名ですが… この演奏はシチリアの濃い音色でなければ!と 増原さんは熱を込めて言います。   スッラーリアでは 皆さんからのお便りを募…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.10 本当は突然始めたい

いよいよ明日に迫った チェロ1本で無伴奏で全編お届けする、 3月のマメコンチェルト。 その中で演奏する曲目の中から 今回はチェロの無伴奏楽曲の中でも最も有名な バッハの無伴奏チェロ組曲より第一番をお届…
続きを読む
ラジオマメヒコ

Sull’aria’17 vol.09 ウーダでチェロのソロを

来週末、3/18(土)と19(日)に ウーダ劇場にて チェロのソロコンサートを開催します。 チェロと聞いてその楽器のイメージがつくヒトは多いと思いますが じっくりとチェロの音だけを味わう場というのは …
続きを読む
Cafe Mame-Hico