アーカイブ: ラジオ瀬尾さん ’17 - ページ 3

ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.10 中島みゆき「ララバイSINGER~アザミ嬢のララバイ」

根底にある思いや方針を どこまで共有して仕事や行動に落とし込んでいくか。 ヒトが集まって働いていれば こういうところにぶつかることは 多かれ少なかれあるのではないでしょうか? 瀬尾さんは、 基本が間違…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.09 中島みゆき「糸」

瀬尾さんは、編曲家だけでなく コンサートのプロデューサーでもあります。 選曲に対して、ファンの声は様々あれど、 全ての要望には応えられない。 当たり前だけど、やっぱりそういうもの なんだそうです。 ど…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.08 工藤静香「激情」

瀬尾さんも井川さんも 周りからは頑固だとかワガママだとか 自分でやらなきゃ気が済まないんだとか、 そう思われがちなところが共通点のようです。 でも、2人とも 全くそんなつもりはなく… いろいろと総合的…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.07 長渕剛「ろくなもんじゃねぇ」

瀬尾さんが仕事をするとき、 相手のミュージシャンが変われば その、曲の作り方や関わり方も変わるのだそうです。 それはそれぞれのヒトにとって 一番良いと思うやりかたをしていくから。 音や楽譜、言葉といっ…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.06 杏里「オリビアを聴きながら」

「オリビアを聴きながら」には 西海岸の風が込められています。 録音した当時、 最新の録音機器で録音する技術が 確立されていなかった日本を飛び出し、 ロサンジェルスで録音したそう。 西の風を感じながら …
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.05 中島みゆき「涙-made in tears-」

瀬尾さんと言ったら 中島みゆきさんの曲を思い浮かべる方も 少なくないはず。 そんな中島さんとのタッグは この曲から始まりました。 アーティスト「中島みゆき」を支えるトライアングル。 これは絶妙なバラン…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.04 松田聖子「赤い靴のバレリーナ」

瀬尾さんは分岐点に立った時 どっちの道を行くか、いつも決断をして 決断したからには振り返らず進んできたのだそうです。 その取捨選択の判断基準は「熱くなれるかどうか」。 記録ではなく記憶に残るものを作る…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.03 バンバン「いちご白書をもう一度」

誰かを見てすごいなぁとか、 あんなふうになりたい、もっと近づきたいと そう思うことってヒトにはあります。 でも、同じ道を歩んで 同じ山の頂に立つということはできないのだと、 瀬尾さんは言います。 自分…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.02 中島みゆき「世情」

瀬尾さんは40歳の時に、 ある決断をしたそうです。 それは仕事をしていく上での 歩んでいく方向を示しているわけですが… その決断のワケを聞いてみることにしましょう。   ラジオ瀬尾さんでは …
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.01 かぐや姫「22才の別れ」

本日より毎週木曜日は 「マメクルラジオ」からバトンタッチで 「ラジオ瀬尾さん」になります。 パーソナリティには 長きに渡り数々の名曲を世に送り出してきた 音楽プロデューサーの瀬尾一三さんをお迎えし、 …
続きを読む
Cafe Mame-Hico