アーカイブ: ラジオ瀬尾さん ’17 - ページ 2

ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.20 かまやつひろし「我が良き友よ」

デジタルの技術が進み、 本当の楽器を準備しなくても その楽器の音を再現できるようになってきている、今。 それでも、本物の音を残したいと 瀬尾さんは強く思っています。   ラジオ瀬尾さんでは …
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.19 平原綾香「アリア-Air-」

瀬尾さんは自分のことを ドン・キホーテだと言います。 ロマンチストなドン・キホーテは 今日も戦い続けているのです。   ラジオ瀬尾さんでは 皆さんからのお便りを募集しています。 お便りはこち…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.18 Hi-Fi Set「中央フリーウェイ」

今回はユーミンが作り、 Hi-Fi Setが歌う「中央フリーウェイ」を。 この曲をはじめ、 ユーミンの作った歌の数々のおしゃれさには どれも和洋折衷な魅力があるようです。   ラジオ瀬尾さん…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.17 中島美嘉「愛詞」

瀬尾さんがやりたいのは 自分の世界観を広げることではなく、 アーティストの世界観を広げること。 そこに必要なのは「思いやり」と 「たくさんのヒトと関わりながら生きるという人生経験」、 なのです。 &n…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.16 ももいろクローバーZ「泣いてもいいんだよ」

時代の寵児としてもてはやされ 一時の熱狂的なブームのあと消えていく、のではなく はみだしもんとして、はみだしもんなりのやり方を貫く。 今年70歳を迎える瀬尾さんが 今も現役バリバリで音楽プロデューサー…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.15 中山美穂「Sweetest Lover」

井川さんが思春期の頃、 テレビを通して知ったのは そのころのテレビドラマや音楽の世界でした。 作品のクオリティや込められた熱量の大きさに触れて その一線で活躍していたヒトたちから バトンを受け取りまし…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.14 徳永英明「壊れかけのRadio」

世の中とつかず離れずの距離を保ちながらやってきたと 瀬尾さんは言います。 自分を貫きたいという思いは クリエイティブな中に必要ですが これは「わかる人にだけわかればいい」というのとは 違うのです。 &…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.13 徳永英明「最後の言い訳」

歌を作って、それを生業にしていく。 それを続けるうえでぶつかる大きな壁の一つは 味方であるはずのファンや周りのスタッフにあるようです。 新しいものを生み出すことと 続けていくことの難しさ。 そういうこ…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.12 中島みゆき「地上の星」

瀬尾さんはステージへ上がることがあったとしても あくまで裏方として仕事をしています。 スポットライトを浴びよう、浴びたいと 思うことはないのだそうです。 それは自分の分をわきまえ、 そのうえで何をする…
続きを読む
ラジオマメヒコ

ラジオ瀬尾さん’17 vol.11 中島みゆき「ファイト」

何かにイライラしてしまうこと、 これは大きなエネルギーで この力を創造する力に変えていけると良いのですが… ただただイライラが募るばかりではいけないし、 かわす力が必要なことも時にはあります。 エネル…
続きを読む
Cafe Mame-Hico