日曜日の混んでるとき、若い男性客が店員を呼びつけて、

「おい、椅子にガムがついてたぞ、このジーパンはビンテージだからクリーニングできない。
だから弁償代金として2万円寄こせ」。
「どうしたらいいでしょうか」とハタケにいるボクに対応している店長から電話があって、
「仕方ないから払ったら」とボクが言い、結局2万円支払ったのでした。

これは昨日の話。
「おまえの店はどういうつもりで、カレーにこんな高い値段つけてるんだ」
とその中年の男女は、やいのやいのとお会計時に店員を怒鳴りちらし、
さらにしばらくしてから、今度は電話をかけてきて、
「おまえの店はどういうつもりで禁煙なんだ、1時間後に喫煙できるようにしろ」
と、やんややんやと怒鳴って、
店員がトホホとなってしまった。

そういうことが立て続けに渋谷店でありました。

ガムがついてるぞと怒るお客に、申し訳ありませんでしたとお金を払う。
カレーが高過ぎると怒るお客に、申し訳ありませんでしたとお金をもらう。
お金を前にして、カフエの店員というのは何とも無力なんですね。

こういうどうでもいいようなことでも続けば、みんなしょげてくる。
気にしてないようでいて、じんわりとしぼんでくるのがわかる。
カフエというのは一つの閉ざされた空間ですから、
こういうことがじんわりと効いてしまうんです。

けど、こういう嫌な思いはカフエの仕事を100としたら0.0001くらいのことでしかない。
10000人のお客さんが来てくれて、接客してたら、一人いるかいないかでしょ。
いやいや。それでも多いかな。
10万人に一人いるかいないかだと思う。
だから、そのためにいちいち対応マニュアルなんて作るより、
ほっといた方がいい。忘れた方がいい。

そういえば。

マメヒコを作るとき、万人のお客に受けなくていい。
いや、受けてはいけない、と作ったことを思い出しました。

ほんの何人かの心にグサッと何かが残る店であればいい。
誰にも彼にも八方美人ではいけない。そう思ってました。
それは今も変わらない。けど。

マメヒコはこれこれこうこうです。
と表の看板に書いてあるわけじゃないですから。
中は一体どんな風になってるのかわからない。

様々な偶然、出会いで、店に入って来てもらう。
けれど、その中身が、みんなにいいよとなってない。
だから、時々、何とも後味が悪いことが、お客さんとお店に起こってしまう。
マッチングしないんですね。

カフエは狭いターゲットに絞れば絞るほど、
低い敷居の広い間口のカフエでなければならない。
というのが、ボクの考えです。
だれでも入りやすくして、分母を大きくするしかない。

当然、間違って入ってくるお客さんは多くなってしまう。
そういう皆さんには申し訳ないなと思う。
けど、どうしようもないです。
だから食べログのようなものがあるんでしょ。

最初の一回が、素敵な出会いになれるような仕組みが、
カフエでもできればいいのにね。
パートⅢはそういうのをやれないかな。
最近そんなことを考えたりしているのです。

mamehico井川「~について」日曜日の混んでるとき、若い男性客が店員を呼びつけて、 「おい、椅子にガムがついてたぞ、このジーパンはビンテージだからクリーニングできない。 だから弁償代金として2万円寄こせ」。 「どうしたらいいでしょうか」とハタケにいるボクに対応している店長から電話があって、 「仕方ないから払ったら」とボクが言い、結局2万円支払ったのでした。 これは昨日の話。 「おまえの店はどういうつもりで、カレーにこんな高い値段つけてるんだ」 とその中年の男女は、やいのやいのとお会計時に店員を怒鳴りちらし、 さらにしばらくしてから、今度は電話をかけてきて、 「おまえの店はどういうつもりで禁煙なんだ、1時間後に喫煙できるようにしろ」 と、やんややんやと怒鳴って、 店員がトホホとなってしまった。 そういうことが立て続けに渋谷店でありました。 ガムがついてるぞと怒るお客に、申し訳ありませんでしたとお金を払う。 カレーが高過ぎると怒るお客に、申し訳ありませんでしたとお金をもらう。 お金を前にして、カフエの店員というのは何とも無力なんですね。 こういうどうでもいいようなことでも続けば、みんなしょげてくる。 気にしてないようでいて、じんわりとしぼんでくるのがわかる。 カフエというのは一つの閉ざされた空間ですから、 こういうことがじんわりと効いてしまうんです。 けど、こういう嫌な思いはカフエの仕事を100としたら0.0001くらいのことでしかない。 10000人のお客さんが来てくれて、接客してたら、一人いるかいないかでしょ。 いやいや。それでも多いかな。 10万人に一人いるかいないかだと思う。 だから、そのためにいちいち対応マニュアルなんて作るより、 ほっといた方がいい。忘れた方がいい。 そういえば。 マメヒコを作るとき、万人のお客に受けなくていい。 いや、受けてはいけない、と作ったことを思い出しました。 ほんの何人かの心にグサッと何かが残る店であればいい。 誰にも彼にも八方美人ではいけない。そう思ってました。 それは今も変わらない。けど。 マメヒコはこれこれこうこうです。 と表の看板に書いてあるわけじゃないですから。 中は一体どんな風になってるのかわからない。 様々な偶然、出会いで、店に入って来てもらう。 けれど、その中身が、みんなにいいよとなってない。 だから、時々、何とも後味が悪いことが、お客さんとお店に起こってしまう。 マッチングしないんですね。 カフエは狭いターゲットに絞れば絞るほど、 低い敷居の広い間口のカフエでなければならない。 というのが、ボクの考えです。 だれでも入りやすくして、分母を大きくするしかない。 当然、間違って入ってくるお客さんは多くなってしまう。 そういう皆さんには申し訳ないなと思う。 けど、どうしようもないです。 だから食べログのようなものがあるんでしょ。 最初の一回が、素敵な出会いになれるような仕組みが、 カフエでもできればいいのにね。 パートⅢはそういうのをやれないかな。 最近そんなことを考えたりしているのです。