200705302214000.jpg

台北から車で4時間。 阿里山の山奥に来てる。

2月に来て以来の二度目。 取材目的は3つ。

烏龍茶の茶摘みの様子を取材すること。
阿里山珈琲を作ってる第一人者に話しを聞くこと。
パイナップル農家を見学すること。

前回来たよりもさらに山奥、
海抜2000メートルのこのあたりでは一部の農家が
高山烏龍茶を作りながら珈琲豆も作ってるの。

そこでとれた珈琲豆を選別し焙煎するまでを
今回はしっかりと見せてもらったよ。

もともと烏龍茶農家だから烏龍茶をつくる道具を
使いながら、珈琲豆を大切に作ってる。

マメヒコのフォルモサ珈琲は一日に
2杯も飲んでくださるお客さんもいたりして
大人気のうちに終わったんだけど、
今回また仕入れたので6月下旬に期間限定でやるね。

ニューヨーク、台湾と続けて回って
欧米のカフェとアジアの茶館の違いはなんなのかなって
ずっと考えてたのね。

マメヒコは東京のカフェじゃなく茶芸館でありたいわけ。

それがなんとなくわかったのでした。

mamehico井川のはなし台北から車で4時間。 阿里山の山奥に来てる。 2月に来て以来の二度目。 取材目的は3つ。 烏龍茶の茶摘みの様子を取材すること。阿里山珈琲を作ってる第一人者に話しを聞くこと。パイナップル農家を見学すること。 前回来たよりもさらに山奥、海抜2000メートルのこのあたりでは一部の農家が高山烏龍茶を作りながら珈琲豆も作ってるの。 そこでとれた珈琲豆を選別し焙煎するまでを今回はしっかりと見せてもらったよ。 もともと烏龍茶農家だから烏龍茶をつくる道具を使いながら、珈琲豆を大切に作ってる。 マメヒコのフォルモサ珈琲は一日に2杯も飲んでくださるお客さんもいたりして大人気のうちに終わったんだけど、今回また仕入れたので6月下旬に期間限定でやるね。 ニューヨーク、台湾と続けて回って欧米のカフェとアジアの茶館の違いはなんなのかなってずっと考えてたのね。 マメヒコは東京のカフェじゃなく茶芸館でありたいわけ。 それがなんとなくわかったのでした。