9.11の直後にドキュメンタリー番組のディレクターをしたことがありました。

そのときワールドトレードセンターの最上階にあったレストランを取材しました。
そこにスーパーシェフがいました。ロマナコといいます。
彼は開店準備の合間にたまたま珈琲を買いに外へ出たところ
飛行機がビルに突っ込み、彼だけが助かりました。奇遇な人です。
番組は彼と仲間のスーパーシェフがニューヨークのレストラン界を
再建するまでの3ヶ月を追っかけ、
番組は兆しが見えてきたような見せかけで中途半端に終わらせました。
彼はインタビューで何度となく、ニューヨークのレストランというのは
華やかだけど賃金も安いし待遇も悪いしとっても大変な仕事なんだと
繰り返し言ってました。
ニューヨークのレストランはオーダーをとる、食器を下げる、洗う、
全てが分業で、特に下っ端はイリーガルな移民が多かったため、
死亡証明書もなければ、義援金ももらえないという状態でした。

あのテロで死んだ従業員の大半は、
早朝から仕込みや掃除をしていた不法滞在者でした。
遺族とともに、まだ煙り立つがれきの山を一緒に歩いたりもしました。
すごい熱で死体は全部灰になってるから安心しろボーイと
作業員にからかわれたことを思い出す。

その後の彼らのことはテレビの癖でだれも知らない。

でも昨日。
そのロマナコのレストランでたまたま食事をしました。
真新しい匂いのするその店は早い時間から満席でした。
あれから6年が経とうとしてる。
その間大変なことがあったでしょう。
観光客が激減した時期をどう乗り越えたんだろう。
その間ボクはなにをしたのか。
今の方が聞きたいことが多い。
あのとき彼はアジアのテレビ局のしがないボクに傷心のなか、
市場で魚を買うところを見せたのはなんだったのか。
なんでもいいから復活をアピールしたかったんだ。
したたかでずるいだけの人間ならシェフにはならない。

いわゆる高級店でしたが店員はみんな気さくで明るく 味もとてもよかった。
今日、日本に帰ります。帰りの飛行機は修学旅行で満席。

mamehico井川のはなし9.11の直後にドキュメンタリー番組のディレクターをしたことがありました。 そのときワールドトレードセンターの最上階にあったレストランを取材しました。そこにスーパーシェフがいました。ロマナコといいます。彼は開店準備の合間にたまたま珈琲を買いに外へ出たところ飛行機がビルに突っ込み、彼だけが助かりました。奇遇な人です。番組は彼と仲間のスーパーシェフがニューヨークのレストラン界を再建するまでの3ヶ月を追っかけ、番組は兆しが見えてきたような見せかけで中途半端に終わらせました。彼はインタビューで何度となく、ニューヨークのレストランというのは華やかだけど賃金も安いし待遇も悪いしとっても大変な仕事なんだと繰り返し言ってました。ニューヨークのレストランはオーダーをとる、食器を下げる、洗う、全てが分業で、特に下っ端はイリーガルな移民が多かったため、死亡証明書もなければ、義援金ももらえないという状態でした。 あのテロで死んだ従業員の大半は、早朝から仕込みや掃除をしていた不法滞在者でした。遺族とともに、まだ煙り立つがれきの山を一緒に歩いたりもしました。すごい熱で死体は全部灰になってるから安心しろボーイと作業員にからかわれたことを思い出す。 その後の彼らのことはテレビの癖でだれも知らない。 でも昨日。そのロマナコのレストランでたまたま食事をしました。真新しい匂いのするその店は早い時間から満席でした。あれから6年が経とうとしてる。その間大変なことがあったでしょう。観光客が激減した時期をどう乗り越えたんだろう。その間ボクはなにをしたのか。今の方が聞きたいことが多い。あのとき彼はアジアのテレビ局のしがないボクに傷心のなか、市場で魚を買うところを見せたのはなんだったのか。なんでもいいから復活をアピールしたかったんだ。したたかでずるいだけの人間ならシェフにはならない。 いわゆる高級店でしたが店員はみんな気さくで明るく 味もとてもよかった。今日、日本に帰ります。帰りの飛行機は修学旅行で満席。