2007/05/13

ただひたすら、稽古稽古/マイキー

cazeq9vb.jpg (240×320)

昨日は金融機関でしょんぼりして帰ってきましたが、

今日、目が覚めればもうしょんぼりしてられません。

朝9時に稽古場に集合して、早速芝居の稽古です。

ところが、稽古場に来てみたらなんと照明が壊れてる!

朝9時から夜の9時までびっしり稽古を入れているというのに、

完全な防音室の稽古場は真っ暗闇・・・。

でもでも、照明が壊れたくらいでこの貴重な稽古日をムダにすることは

出来ません。何といってもみんな仕事を持っている身。

残り20回しかない稽古を無駄にしては申し訳ない!

何とかせねば。

稽古場で借りたスポットライトに家から持ってきた小さなクリップライト、

物置の扉を開け放って明かりを貰い、何とか台本を読めるまでには

ぼんやりと明るくなりました。

今日は稽古を見ながら、この芝居の言葉の力に何度も打たれました。

役者の表情、体の動き、声の高さ、そのひとつ違っても全く違ってくる。

言葉の意味も、キャラクターも、物語の流れも、ほんの小さなことで

こんなにもがらりと変わってしまうのか、と。

主宰・脚本の社長(メック・井川)の演出でグイグイとその世界を広げる

フォルモサの黒い犬。

まだ、畑を耕し始めたばかりの私たちだけれど、

7月21日、22日の本番までただひたすら鍬を入れていきます。

雨にも負けず 風にも負けず・・・!

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー