ゲーテはこう言っています。
 『日々は迷いと失敗の連続だ。しかし、時間を積み重ねることが成果と成功をもたらす』

マメヒコ文化部のミナエです。

今日も、井川さんの書籍
「桜の木にバナナの実」より、
お話をひとつご紹介いたします。

11/25(土)には、この本にまつわる
井川さんのトークイベントを開催します!
詳細はこの記事の最後をご覧ください!

***

ここは理想郷
 (「桜の木にバナナの実」より)

宇田川町店には小さな舞台がありまして
(舞台というのもはばかられるスペースですけど)
そこで定期的に「ゲーテ先生の音楽会」
を開催しています。

ドイツの文豪ゲーテをこよなく愛する
ゲーテ先生のところに
毎回風変わりな患者さんが来て、
いろいろと大変なことが起こる。

だけど、最後は
みんなで歌を唄って、あら解決。

そう書くとバカみたいだけど、
そんなシチュエーションコメディです。

今回のゲーテ先生の音楽会は、
いつにも増して、開場から終演まで、
くどく、しつこく、大笑いで。
四時間もの長丁場になった回もありました。

ご覧になったお客さんの一人が、
ボクにこう言いました。

「井川さん。こういうことをやれて、ここは理想郷です。あなたがとても羨ましい。」

「いえいえそんなまさか、買いかぶりすぎです。」

と恐縮しましたけど、
理想郷に居るものは、
理想郷に居ることに気づかない。

それが人間なのかもしれませんから、
マメヒコは理想郷なのか考えてみたんです。

マメヒコをやるうえで、ボクは確かに、
自分の気に入ったものしか
提供したくないという、
頑固なところがあります。

たとえば安全で美味しい食材、
手間暇を惜しまない食事やデザート、
愚直な職人が焙煎した珈琲、
アジアの珠玉のようなお茶たち。

無垢の板を使った家具、
美しいメロディーの音楽。

そのすべてに共通しているものがあるとすれば、
不揃いですが、温かみがあるもの。
ヒトの想いがどれも介在しているもの
といえるかもしれない。

お店の接客にマニュアルもありません。
なんでも自分たちで考えるようにとなっている。

そのことで、不手際もいっぱいあるから、
野放図のままでいいとも思っていませんが、
馬鹿がつくほど真面目なスタッフが、
毎日朝早くから夜遅くまで汗を流している。

大して広くもないお店に、
年間二十万人近いお客さんが、
毎年、変わることなく来てくれてる。

そのなかのほんとに一部ではあるけれど、
マメヒコをとても好きでいてくれるお客さんがいて、
みんな一様にマメヒコや
ボクのやっていることに対して寛大です。

カフエをやっていれば、
ぼやきたくなる現実の連続は確かにあります。

だけど映画を撮る、ハタケをやる、
どれもお金がかかる割にお金にもならないことを、
ただ面白そうだな、というだけでやってきて、
お金の心配がほどほどで済んできたこと。

そう考えると、
マメヒコは確かに理想郷かもしれないなぁ、
そんな気がしてきました。

ゲーテはこう言っています。

『日々は迷いと失敗の連続だ。しかし、時間を積み重ねることが成果と成功をもたらす』

ボクらのお店はとてもスケールが小さく、
できないことに目を向けたらうんざりします。

ただだからと言って、絶望してはいけない。

スケールの小さいカフエならではの
理想をボクらは実現していくのだ。

いまあなたが立っている地続きに、
理想を作ることです。

お金があればスケールは大きくなるけれど、
それが果たして理想郷とは限らない。

広大な庭よりも、小さな庭にこそ、
手の行き届いた豊かさが宿っているものですよ。

***

なにかを始めようとする時、
最初から、とってもすごいものを
つくらなくてはいけないように
感じてしまうことがあります。

初めから
そういう完璧なものをつくろうとすると、
いま自分が手をつけているものが
ちっぽけで、全然ダメなもののように
感じてしまったりします。

だけど、そうではなくて、

初心者になることを厭わず、
目の前のできることから
日々を積み重ねていくことが
大事なのかもしれません。

 いまあなたが立っている地続きに、理想を作ることです。

「桜の木にバナナの実」著者、井川さんのトークイベント!!

▽日時
11月25日(土)
start 19:00

▽場所
マメヒコ公園通り店
 東京都渋谷区神南1-20-11 造園会館2階
 03-6455-1475

▽参加費
無料(お飲み物等のご注文をお願い致します。)

お申し込みはこちらから♪

「桜の木にバナナの実」井川さんのトークイベント開催!
マメヒコの井川さんの書籍、 「桜の木にバナナの実」をご存知でしょうか? ご近所さんの皆さんはきっとお持ちですよね! 刊行時には、嬉しいご感想も届きまし...

井川さんがお話しするイベントは、
いつもとっても面白い会になるんです。

「桜の木にバナナの実」を
お持ちの方もそうでない方も、
是非ご参加くださいね!!

お申し込みお待ちしております!

『桜の木にバナナの実』
著者・装画 井川啓央
1,000円(税込)

マメヒコ各店舗にて販売中です!
下記サイト(BASE)からもご購入いただけます!

1+
http://mamehico.com/wp-content/uploads/IMG_6539.jpghttp://mamehico.com/wp-content/uploads/IMG_6539-150x150.jpgmamehico参加募集井川さんの本音 ゲーテはこう言っています。  『日々は迷いと失敗の連続だ。しかし、時間を積み重ねることが成果と成功をもたらす』 マメヒコ文化部のミナエです。 今日も、井川さんの書籍 「桜の木にバナナの実」より、 お話をひとつご紹介いたします。 11/25(土)には、この本にまつわる 井川さんのトークイベントを開催します! 詳細はこの記事の最後をご覧ください! *** ここは理想郷  (「桜の木にバナナの実」より) 宇田川町店には小さな舞台がありまして (舞台というのもはばかられるスペースですけど) そこで定期的に「ゲーテ先生の音楽会」 を開催しています。 ドイツの文豪ゲーテをこよなく愛する ゲーテ先生のところに 毎回風変わりな患者さんが来て、 いろいろと大変なことが起こる。 だけど、最後は みんなで歌を唄って、あら解決。 そう書くとバカみたいだけど、 そんなシチュエーションコメディです。 今回のゲーテ先生の音楽会は、 いつにも増して、開場から終演まで、 くどく、しつこく、大笑いで。 四時間もの長丁場になった回もありました。 ご覧になったお客さんの一人が、 ボクにこう言いました。 「井川さん。こういうことをやれて、ここは理想郷です。あなたがとても羨ましい。」 「いえいえそんなまさか、買いかぶりすぎです。」 と恐縮しましたけど、 理想郷に居るものは、 理想郷に居ることに気づかない。 それが人間なのかもしれませんから、 マメヒコは理想郷なのか考えてみたんです。 マメヒコをやるうえで、ボクは確かに、 自分の気に入ったものしか 提供したくないという、 頑固なところがあります。 たとえば安全で美味しい食材、 手間暇を惜しまない食事やデザート、 愚直な職人が焙煎した珈琲、 アジアの珠玉のようなお茶たち。 無垢の板を使った家具、 美しいメロディーの音楽。 そのすべてに共通しているものがあるとすれば、 ...