北海道に来ています。

ハタケマメヒコの今後について、
いろいろと思案しているところです。

札幌の夜景が目の前に見える。
背中には、美しく整然とした森が背中に立っている。

この景色を見ると、
マメヒコをはじめたころを思い出す。

当時のころのスタッフとは、
毎年、よく札幌に出かけていた。

 

札幌には、東京にはない雰囲気のお店や、
素材の良いものを食べさせる食堂がいくつもあった。

 

あの頃のことを思い出す。

「今のボクらは、日々のことで精いっぱいだけど、
いつかちゃんとした店にしたい。

東京の真ん中には、
美味しい珈琲や、美味しいケーキ、
便利な食堂はたくさんある。

そのなかでカフエを、マメヒコを始めるボクらは、
凛とした森の温もりのような店をやりたい」
とそんなことを言った気がする。

美しい森は、整然としている。
そして温かい。

 

そういうものを目指したいと思いながら、
12年経って、
ボクが美しいと思うことは、
あの頃も今もなにも変わらない。

 

ただ、自分が美しいそれを、
作れて、やれるのかと言ったら、
なんとなく気が重い。

気分は曇った空に立つ細い木々のようだ。
やりかたが間違っているのか、それとも合っているんだけど、
時間がかかっているのか。

札幌にかつて頻繁に訪れていた良い店は、
ここ数年でなくなってしまったし、
森だったところも宅地に変わっている。

いくつか残っている気分のいいところだけでも、
無くならないでほしいと思ってしまう。

2+
mamehico井川さんの本音北海道に来ています。 ハタケマメヒコの今後について、 いろいろと思案しているところです。 札幌の夜景が目の前に見える。 背中には、美しく整然とした森が背中に立っている。 この景色を見ると、 マメヒコをはじめたころを思い出す。 当時のころのスタッフとは、 毎年、よく札幌に出かけていた。   札幌には、東京にはない雰囲気のお店や、 素材の良いものを食べさせる食堂がいくつもあった。   あの頃のことを思い出す。 「今のボクらは、日々のことで精いっぱいだけど、 いつかちゃんとした店にしたい。 東京の真ん中には、 美味しい珈琲や、美味しいケーキ、 便利な食堂はたくさんある。 そのなかでカフエを、マメヒコを始めるボクらは、 凛とした森の温もりのような店をやりたい」 とそんなことを言った気がする。 美しい森は、整然としている。 そして温かい。   そういうものを目指したいと思いながら、 12年経って、 ボクが美しいと思うことは、 あの頃も今もなにも変わらない。   ただ、自分が美しいそれを、 作れて、やれるのかと言ったら、 なんとなく気が重い。 気分は曇った空に立つ細い木々のようだ。 やりかたが間違っているのか、それとも合っているんだけど、 時間がかかっているのか。 札幌にかつて頻繁に訪れていた良い店は、 ここ数年でなくなってしまったし、 森だったところも宅地に変わっている。 いくつか残っている気分のいいところだけでも、 無くならないでほしいと思ってしまう。