はい。

11/08  カレー11p

 

明らかに落ちてきています。
これは、これでまたなにかを仕掛けなくてはいけません。
トモちゃんもミワもなんかしないとマズイマズイと、言ってますから、
つぎのなにかをやりましょう。

ビラを配るとか、クリスマスカレーとかね。
もう、次から次へと、エンドレスゲームですね。

「もっと腰を落ち着けて、やれないの?」と言われるけど、
この状態でどう落ち着けてやればいんでしょうか?

手を変え、品を変えてやっていくくらいしか、
ボクには、この危機を乗り越えるすべがみつかりません。

 

公園でカレーの具合を見て、宇田川に来てみたら、これまたノーゲス。

 

ボクの席だけがちょこんとあってあとは誰もいない。
なんだかなーだよ。

 

三茶は今日とっても混んでるとさっき連絡来たからいいけど、
一方の渋谷はこう。

そうしたら会計士さんから電話があってなんの用かと思ったら、

「このままじゃマメヒコまずいよねー?
この際、売ったらどうですか?
買いたいヒトがいたら、井川社長、売る気ありますか?」という電話。

 

即答で、「えぇ、もちろんありますよ」と答えといた。

 

こんなはなし。

「良いお相手がみつかれば、
結婚する気ございますか?」くらい意味ない。

「えぇ、もちろんありますよ」と答えるほかないじゃないの。

いま渋谷川は、ピークから比べれば1/4まで落ちている。

 

そんなお店を買いたいヒトなどいるのかしら。
まぁ、いたとして、なんのメリットがあるのか聞いてみたい。

それでも、実際、渋谷、カフェでグーグルのランキングだと、
宇田川町店はここ何年もランキング1位になっている。
(食べログの点数を反映させてるみたい)

ランキングは多少の上下あれど、
口コミ数はぶっちぎりでダントツの1位になってる。
ほぼ10年、渋谷ではトップ。

これをどうみるのか。
ボクらはいつもそれを目標にやってきたわけではなく、
近いお客さんやスタッフたちと、あれやこれや、
やってきた結果がこれ。

 

そしていまの結果がこれ。

なんだかよくわかんない。

だからみなさんも、「こうしたほうがいいですよ」、とか、
「こうするとこうなりますよ」とか、
他人のアドバイスなんか大抵あてになんないから聞かないほうがいいよ。
なにがどうなって、どうなるかなんて、
ちっともわかんないんだから。

そういうもんだと思う。

固定費である家賃と、スタッフのお給料はね、
払わないといけないわけだから、
どんと腰を落ち着けて静観してればいいたちばじゃないからね。

なんか考えます。

じゃぁこの店内、だれもいなくてひっそりとしてるのか?っていうと、
実はその、まったくそうじゃなくて、
クッキー隊が、キッチンに入ってクッキーを楽しそうに作ってるの。

こちらは作るヒト、

 

こちらは詰めるヒト、

 

 

こちらは端っこで商品にならないものを焼いて食べるヒト。

 

 

クッキー隊っていうのは、お客さんが半自発的に始めたユニット名です。
みんな仕事帰りに集まって、マメヒコのクッキーを焼いてる。

珈琲豆を袋に詰めたり、豆を選ったり、にぼしのハラワタをとったりと、
最近は活動も多岐にわたります。

 

こんなマメヒコですが、どうしても買いたいという気がある方はご連絡ください。

ただし、クッキー隊のヒトたちは、気分よくやってくれているので、
損ねることのないように配慮していただくと助かります。

そうじゃないと、むつかしいかもしれません。

1+
http://mamehico.com/wp-content/uploads/IMG_2477-550x413.jpghttp://mamehico.com/wp-content/uploads/IMG_2477-150x150.jpgmamehico公園カレーの進捗井川さんの本音はい。 11/08  カレー11p   明らかに落ちてきています。 これは、これでまたなにかを仕掛けなくてはいけません。 トモちゃんもミワもなんかしないとマズイマズイと、言ってますから、 つぎのなにかをやりましょう。 ビラを配るとか、クリスマスカレーとかね。 もう、次から次へと、エンドレスゲームですね。 「もっと腰を落ち着けて、やれないの?」と言われるけど、 この状態でどう落ち着けてやればいんでしょうか? 手を変え、品を変えてやっていくくらいしか、 ボクには、この危機を乗り越えるすべがみつかりません。   公園でカレーの具合を見て、宇田川に来てみたら、これまたノーゲス。   ボクの席だけがちょこんとあってあとは誰もいない。 なんだかなーだよ。   三茶は今日とっても混んでるとさっき連絡来たからいいけど、 一方の渋谷はこう。 そうしたら会計士さんから電話があってなんの用かと思ったら、 「このままじゃマメヒコまずいよねー? この際、売ったらどうですか? 買いたいヒトがいたら、井川社長、売る気ありますか?」という電話。   即答で、「えぇ、もちろんありますよ」と答えといた。   こんなはなし。 「良いお相手がみつかれば、 結婚する気ございますか?」くらい意味ない。 「えぇ、もちろんありますよ」と答えるほかないじゃないの。 いま渋谷川は、ピークから比べれば1/4まで落ちている。   そんなお店を買いたいヒトなどいるのかしら。 まぁ、いたとして、なんのメリットがあるのか聞いてみたい。 それでも、実際、渋谷、カフェでグーグルのランキングだと、 宇田川町店はここ何年もランキング1位になっている。 (食べログの点数を反映させてるみたい) ランキングは多少の上下あれど、 口コミ数はぶっちぎりでダントツの1位になってる。 ほぼ10年、渋谷ではトップ。 これをどうみるのか。 ボクらはいつもそれを目標にやってきたわけではなく、 近いお客さんやスタッフたちと、あれやこれや、 やってきた結果がこれ。   そしていまの結果がこれ。 なんだかよくわかんない。 だからみなさんも、「こうしたほうがいいですよ」、とか、 「こうするとこうなりますよ」とか、 他人のアドバイスなんか大抵あてになんないから聞かないほうがいいよ。 なにがどうなって、どうなるかなんて、 ちっともわかんないんだから。 そういうもんだと思う。 固定費である家賃と、スタッフのお給料はね、 払わないといけないわけだから、 どんと腰を落ち着けて静観してればいいたちばじゃないからね。 なんか考えます。 じゃぁこの店内、だれもいなくてひっそりとしてるのか?っていうと、 実はその、まったくそうじゃなくて、 クッキー隊が、キッチンに入ってクッキーを楽しそうに作ってるの。 こちらは作るヒト、   こちらは詰めるヒト、     こちらは端っこで商品にならないものを焼いて食べるヒト。     クッキー隊っていうのは、お客さんが半自発的に始めたユニット名です。 みんな仕事帰りに集まって、マメヒコのクッキーを焼いてる。 珈琲豆を袋に詰めたり、豆を選ったり、にぼしのハラワタをとったりと、 最近は活動も多岐にわたります。   こんなマメヒコですが、どうしても買いたいという気がある方はご連絡ください。 ただし、クッキー隊のヒトたちは、気分よくやってくれているので、 損ねることのないように配慮していただくと助かります。 そうじゃないと、むつかしいかもしれません。