こんにちは!
ゲーテ診療所雑用係の日野です。

どんどんと秋が深まってきましたね。
秋と言えば、みなさんはどんな秋?
食欲、読書、スポーツ、行事…。
わたしは食欲!と悩みどころですが…、芸術の秋!
芸術と言ってもいろいろですが、
その中でも音楽がすきです。

マメヒコでは季節の移り変わりとともに
店内BGMを変えています。
井川さんのそのときの気分(?)で
毎回セレクトされています。
季節だけでなく、お昼と夜とでも変わるんですよ。

お昼はだいたいクラシックを、
夜はピアノジャズだったり、女性ボーカルのジャズだったり。
お昼間のサンサンと日の光が気持ちいい店内で
ジャズを聞く気分にならないですものね。
雨だったら、この音楽がいいかなーとか、
暑くムシムシしていたらカラッとした音楽がいいなーとか、
そのときのお店の雰囲気に合った音楽をかけています。

その中でも、珍しいと思うのが、
シャンソンがセレクトの中に入っています。
シャンソンといえば、今回のゲーテシリーズ
「心よ、震え給え 歌声とともに」のテーマでもありますね。

例えば、ショパンのピアノ曲を弾き手が変わると、
感じ方が変わるように、
同じシャンソンの曲でも歌い手の方によって、
伝わり方が全然違いますよね。
いい曲だなと思っていても、いままでは
お店でサラッと聴いていたくらいだったので、
今回こうやって深く触れてみると、
それぞれの歌い手の方のよさが伝わってきて、
もっと知りたいなと思うようになりました。
なにごともそうかもしれませんが、
その背景を知ることで、知的好奇心が刺激されますね!

今回の公演は、
場末のシャンソン喫茶エトワールが舞台。
そこの女主人、エトワール・ヨシノさんのコンサートに
ひょんなことからゲーテ先生が訪れることから
物語が進んでいきます。

音楽会の再演が刻一刻と近づいています!
「心よ、震え給え 歌声とともに」の
予告編もぜひご覧ください!

 
「ゲーテ先生の音楽会」1000円にします。
「ゲーテ先生の音楽会」、残すところ、あと10日を切りました。 今回の「ゲーテ先生 心よ震え給え歌声とともに」は初めての再演です。 再演するのは、 もっと...
mamehicoゲーテ診療所の音楽会スタッフ日報こんにちは! ゲーテ診療所雑用係の日野です。 どんどんと秋が深まってきましたね。 秋と言えば、みなさんはどんな秋? 食欲、読書、スポーツ、行事…。 わたしは食欲!と悩みどころですが…、芸術の秋! 芸術と言ってもいろいろですが、 その中でも音楽がすきです。 マメヒコでは季節の移り変わりとともに 店内BGMを変えています。 井川さんのそのときの気分(?)で 毎回セレクトされています。 季節だけでなく、お昼と夜とでも変わるんですよ。 お昼はだいたいクラシックを、 夜はピアノジャズだったり、女性ボーカルのジャズだったり。 お昼間のサンサンと日の光が気持ちいい店内で ジャズを聞く気分にならないですものね。 雨だったら、この音楽がいいかなーとか、 暑くムシムシしていたらカラッとした音楽がいいなーとか、 そのときのお店の雰囲気に合った音楽をかけています。 その中でも、珍しいと思うのが、 シャンソンがセレクトの中に入っています。 シャンソンといえば、今回のゲーテシリーズ 「心よ、震え給え 歌声とともに」のテーマでもありますね。 例えば、ショパンのピアノ曲を弾き手が変わると、 感じ方が変わるように、 同じシャンソンの曲でも歌い手の方によって、 伝わり方が全然違いますよね。 いい曲だなと思っていても、いままでは お店でサラッと聴いていたくらいだったので、 今回こうやって深く触れてみると、 それぞれの歌い手の方のよさが伝わってきて、 もっと知りたいなと思うようになりました。 なにごともそうかもしれませんが、 その背景を知ることで、知的好奇心が刺激されますね! 今回の公演は、 場末のシャンソン喫茶エトワールが舞台。 そこの女主人、エトワール・ヨシノさんのコンサートに ひょんなことからゲーテ先生が訪れることから 物語が進んでいきます。 ...