音響スタッフのミナエです。

 

私は普段、専らクラシック音楽を聴いています。
朝の明るい日差しに合わせたいのは、ショパンのピアノ曲、
午後のティータイムには、ブラームスの弦楽四重奏曲。

たっぷりと時間がある時には、
リヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲を流して、
その壮大な世界に浸ってみるのもおすすめですよ。

なんだか落ち込んでなかなか眠れない夜には、
ヘンデルの「メサイア」をよく聴いていました。

 

そんな私ですが、最近はシャンソンも気になっています。
前回の〈ゲーテ先生の音楽会〉の影響かしら。

 

どんなシャンソンがあるのかなと探していた時、
美輪明宏さんが歌う、「愛の讃歌」を聴きました。

魂のこもったその表現を目の当たりにした瞬間、
鳥肌が立ち、気がついたら涙が溢れて止まりませんでした。

 

スマホの画面越しでさえ、
びしびしと伝わってくるその迫力に、
心をぎゅっと掴まれてしまったのです。

〈ゲーテ先生の音楽会 ~心よ、震え給え 歌声とともに〉の再演も迫っています。
音楽会でもたくさんのシャンソンが登場しますよ。
ぜひ、いらしてくださいね!

お申し込みはこちらから♪

ゲーテ先生の音楽会 心よ、震え給え 歌声とともに
■公演スケジュール 10/18(水)・19(木)・20(金) 19時開場 20時開演 (休憩20分) 10/21(土)・22(日) 18時開場 19時開演 (休憩20分) ■会場 ウーダ劇場 (マメヒ...
0
mamehicoゲーテ診療所の音楽会音響スタッフのミナエです。   私は普段、専らクラシック音楽を聴いています。 朝の明るい日差しに合わせたいのは、ショパンのピアノ曲、 午後のティータイムには、ブラームスの弦楽四重奏曲。 たっぷりと時間がある時には、 リヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲を流して、 その壮大な世界に浸ってみるのもおすすめですよ。 なんだか落ち込んでなかなか眠れない夜には、 ヘンデルの「メサイア」をよく聴いていました。   そんな私ですが、最近はシャンソンも気になっています。 前回の〈ゲーテ先生の音楽会〉の影響かしら。   どんなシャンソンがあるのかなと探していた時、 美輪明宏さんが歌う、「愛の讃歌」を聴きました。 魂のこもったその表現を目の当たりにした瞬間、 鳥肌が立ち、気がついたら涙が溢れて止まりませんでした。   スマホの画面越しでさえ、 びしびしと伝わってくるその迫力に、 心をぎゅっと掴まれてしまったのです。 〈ゲーテ先生の音楽会 ~心よ、震え給え 歌声とともに〉の再演も迫っています。 音楽会でもたくさんのシャンソンが登場しますよ。 ぜひ、いらしてくださいね! お申し込みはこちらから♪