カレルチャペックという人の本が部屋の本棚にありました。

チェコの作家です。劇作家さんです。

その本は、その人のエッセイで、そこに、

― 劇場空間では、ありとあらゆることが可能で、そこは不思議の館なのだ。

最大の不思議は、なんといっても、そこがとにかく運営されていることである。

夕方7時半に幕が上がって開演できたなら、

それは偶然の幸福か、まさに奇蹟である、と理解していただきたい。

と書いてありました。

2010年3月25日 奇蹟の瞬間まで

あと94日。

mamehico劇マメヒコ檸檬の白い帖カレルチャペックという人の本が部屋の本棚にありました。 チェコの作家です。劇作家さんです。 その本は、その人のエッセイで、そこに、 ― 劇場空間では、ありとあらゆることが可能で、そこは不思議の館なのだ。 最大の不思議は、なんといっても、そこがとにかく運営されていることである。 夕方7時半に幕が上がって開演できたなら、 それは偶然の幸福か、まさに奇蹟である、と理解していただきたい。 と書いてありました。 2010年3月25日 奇蹟の瞬間まで あと94日。