マメヒコパートⅢは、 いまの宇田川町の目の前にありました。

そこで、食パンを焼き、
そのパンを純喫茶でサイフォン珈琲とともに、
厚切りトーストとしてお出しし、
そして、パンはパン粉として「とんかつ」の衣にしてました。

純喫茶は滝口さん、あだ名は先生
パンは三枝さん、あだ名はさえ
とんかつは江尻さん、あだ名はおいちゃん

この三人がたまたまそのタイミングで出会って、
それでお店はできたのでした。

すごく熱い想いで始めたのに、
最後はシュークリームの皮のガスが抜けるような感じで、
プスッっと終わってしまいました。
切ない終わり方でした。

マメヒコが映画を作っているのも、
円パンを作っているのも、
ゲーテ先生をやっているのも、
すべてこのパートⅢをやった後の虚しさが、
そうさせているんです。

人生とは、
虚しささえも何かの糧になるのだなと、
このころのことを思い出します。

#マメヒコパートⅢ #虚しさも糧

0
mamehico優しいマメヒコInstagramマメヒコパートⅢは、 いまの宇田川町の目の前にありました。 そこで、食パンを焼き、 そのパンを純喫茶でサイフォン珈琲とともに、 厚切りトーストとしてお出しし、 そして、パンはパン粉として「とんかつ」の衣にしてました。 純喫茶は滝口さん、あだ名は先生 パンは三枝さん、あだ名はさえ とんかつは江尻さん、あだ名はおいちゃん この三人がたまたまそのタイミングで出会って、 それでお店はできたのでした。 すごく熱い想いで始めたのに、 最後はシュークリームの皮のガスが抜けるような感じで、 プスッっと終わってしまいました。 切ない終わり方でした。 マメヒコが映画を作っているのも、 円パンを作っているのも、 ゲーテ先生をやっているのも、 すべてこのパートⅢをやった後の虚しさが、 そうさせているんです。 人生とは、 虚しささえも何かの糧になるのだなと、 このころのことを思い出します。...