vol2-1-1.jpg

菊地良三(よしみ)-珈琲焙煎師。札幌 菊地珈琲代表。67歳。
1941年(昭和16年)北海道・音更出身。
ジャガイモや豆を作る畑作農家に生まれる。8人兄弟。
札幌の大学を卒業後、大手珈琲商社に就職し、45歳で独立。自家焙煎珈琲
の店「菊地珈琲 キクチ珈琲」を開業した。
http://www.kikuchicoffee.co.jp
長年の経験による独自の珈琲は、主に札幌市内の喫茶店に届けられている。
2005年以降、都内では唯一、カフエ マメヒコに珈琲豆を卸している。

菊地良三は、札幌屈指の焙煎師。
と書いた。
たしかに菊地は焙煎師として最高の腕を持つ。だが、彼はもはや「豆」を焼いていない。焙煎師なのに焙煎していないのである。もっぱらの仕事は配達と接客なのである。
現在、菊地珈琲の豆を焙煎しているのは息子の博樹なのだ。菊地の使っていた旧式の焙煎機はコンピューター制御の最新の焙煎機にとってかわった。

菊地良三はもはや焙煎師ではないのか。
それは違う。22年前、ひとりの焙煎師として「菊地」の看板を掲げたその日から、彼は最高の焙煎師であり、それは今日に至るまで変わっていない。
たとえ「豆」を焼かなくてもである。

菊地良三の朝は早い。
菊地珈琲の喫茶部門の開店は朝7時。店を開けるのは菊地の仕事である。

vol2-1-2.jpg6時05分。
すでに菊地は倉庫にいて今日の豆の準備をしている。

菊地「ボロいケースでしょ?はっはは、でもこれが良んだ。
ステンレスのケースなんかじゃ札幌の朝には寒すぎて豆が冷えてしまうからさ」
ケースを頻繁に自宅に持ち帰り風呂場で洗うのも菊地の仕事だ。

店内の隅々に目を配る。
朝刊各紙はホチキスでとめ、入り口近くの棚に置く。そのときスポーツ紙は必ず最上に置いていく。

菊地「一般紙は家で読んでいるでしょう。だから喫茶店ではスポーツ紙を読みたいんですよ。だから、最上に置くよう心がけています」

vol2-1-3.jpgポットやガラスサーバーをとりわけ念入りに洗っている。

菊地「お客様はステンレスやガラスをとくに見ています。古い店は、手を抜くとどんどん汚れてしまうので、まめにメンテナンスするよう心がけています」

6時47分。
ブラインドを上げ、マットの汚れを落とし、シャッターを開ける。まだ時間があるのに開店してしまう。

菊地「開店前に来るお客さんを待たせないよう、この時間には開けるよう心がけています」

言葉通り6時51分。最初のお客様が来る。

菊地のポットが手早く弧を描く。その下で粗めに挽いた豆が瞬く間に泡のドームとなる。泡が弾け、香ばしさがカウンターに漂うと、珈琲の雫が静かにサーバーへと落ちてゆく。

vol2-1-4.jpg菊地はまるで能楽師のように、一糸の乱れもなく、一分の無駄もなく、開店準備をこなしてゆく。
見事なのである。朝の光を受け、シルエットに浮かぶその姿はただただ見事なのである。
書ききれない細々とした所作を決して慌てることなく67歳の菊地が一人でこなしてゆく。それをひと目見れば、22年間、一人ですべてをこなしてきたのだとすぐに分かる。昨日今日思いつきでカフェを始めた連中とは志が違うよと背中で見せつけている。年月が菊地の体に染みついている。

次から次となじみの顔が入ってくる。
あっという間に席は埋まり、店内はおしゃべりに包まれる。菊地はカウンターの中ですべての会話に受け答えしながらも手は止めない。

8時30分。
この時間になると客はすっと引けてしまう。出勤だ。
菊地は椅子やテーブルの位置を整える。新聞も、角砂糖の場所も元通りにする。
頃合いを見て妻・まり子が出勤してくる。
菊地は交代で午前の配達へと出かけた。

妻、まり子は言う。
「ワタシからみても菊地はすごいヒトだと思います。
はじめて店を開けた日から今日まで、あきれるほど変わらず淡々と無駄のないようにやり続けてることが、菊地のすごいところです。
ワタシですか?何も言いません。フフ。働く男の人ほど女があれこれ言ってはだめですから」

いらっしゃいませ。
まり子がカウンターに入るのを見計らったように、新しいお客が続々と入ってきた。

8時35分。
店内はもう2回の波が始まってしまった。

mamehicoヒトヒコヒトヒコ2週:菊地良三さん菊地良三(よしみ)-珈琲焙煎師。札幌 菊地珈琲代表。67歳。1941年(昭和16年)北海道・音更出身。ジャガイモや豆を作る畑作農家に生まれる。8人兄弟。札幌の大学を卒業後、大手珈琲商社に就職し、45歳で独立。自家焙煎珈琲の店「菊地珈琲 キクチ珈琲」を開業した。http://www.kikuchicoffee.co.jp長年の経験による独自の珈琲は、主に札幌市内の喫茶店に届けられている。2005年以降、都内では唯一、カフエ マメヒコに珈琲豆を卸している。 菊地良三は、札幌屈指の焙煎師。と書いた。たしかに菊地は焙煎師として最高の腕を持つ。だが、彼はもはや「豆」を焼いていない。焙煎師なのに焙煎していないのである。もっぱらの仕事は配達と接客なのである。現在、菊地珈琲の豆を焙煎しているのは息子の博樹なのだ。菊地の使っていた旧式の焙煎機はコンピューター制御の最新の焙煎機にとってかわった。 菊地良三はもはや焙煎師ではないのか。それは違う。22年前、ひとりの焙煎師として「菊地」の看板を掲げたその日から、彼は最高の焙煎師であり、それは今日に至るまで変わっていない。たとえ「豆」を焼かなくてもである。 菊地良三の朝は早い。菊地珈琲の喫茶部門の開店は朝7時。店を開けるのは菊地の仕事である。 6時05分。すでに菊地は倉庫にいて今日の豆の準備をしている。 菊地「ボロいケースでしょ?はっはは、でもこれが良んだ。ステンレスのケースなんかじゃ札幌の朝には寒すぎて豆が冷えてしまうからさ」ケースを頻繁に自宅に持ち帰り風呂場で洗うのも菊地の仕事だ。 店内の隅々に目を配る。朝刊各紙はホチキスでとめ、入り口近くの棚に置く。そのときスポーツ紙は必ず最上に置いていく。 菊地「一般紙は家で読んでいるでしょう。だから喫茶店ではスポーツ紙を読みたいんですよ。だから、最上に置くよう心がけています」 ポットやガラスサーバーをとりわけ念入りに洗っている。 菊地「お客様はステンレスやガラスをとくに見ています。古い店は、手を抜くとどんどん汚れてしまうので、まめにメンテナンスするよう心がけています」 6時47分。ブラインドを上げ、マットの汚れを落とし、シャッターを開ける。まだ時間があるのに開店してしまう。 菊地「開店前に来るお客さんを待たせないよう、この時間には開けるよう心がけています」 言葉通り6時51分。最初のお客様が来る。 菊地のポットが手早く弧を描く。その下で粗めに挽いた豆が瞬く間に泡のドームとなる。泡が弾け、香ばしさがカウンターに漂うと、珈琲の雫が静かにサーバーへと落ちてゆく。 菊地はまるで能楽師のように、一糸の乱れもなく、一分の無駄もなく、開店準備をこなしてゆく。見事なのである。朝の光を受け、シルエットに浮かぶその姿はただただ見事なのである。書ききれない細々とした所作を決して慌てることなく67歳の菊地が一人でこなしてゆく。それをひと目見れば、22年間、一人ですべてをこなしてきたのだとすぐに分かる。昨日今日思いつきでカフェを始めた連中とは志が違うよと背中で見せつけている。年月が菊地の体に染みついている。 次から次となじみの顔が入ってくる。あっという間に席は埋まり、店内はおしゃべりに包まれる。菊地はカウンターの中ですべての会話に受け答えしながらも手は止めない。 8時30分。この時間になると客はすっと引けてしまう。出勤だ。菊地は椅子やテーブルの位置を整える。新聞も、角砂糖の場所も元通りにする。頃合いを見て妻・まり子が出勤してくる。菊地は交代で午前の配達へと出かけた。 妻、まり子は言う。「ワタシからみても菊地はすごいヒトだと思います。はじめて店を開けた日から今日まで、あきれるほど変わらず淡々と無駄のないようにやり続けてることが、菊地のすごいところです。ワタシですか?何も言いません。フフ。働く男の人ほど女があれこれ言ってはだめですから」 いらっしゃいませ。まり子がカウンターに入るのを見計らったように、新しいお客が続々と入ってきた。 8時35分。店内はもう2回の波が始まってしまった。