2017/04/28

Sull’aria’17 vol.16 カラリと乾いた音で

イタリア、ナポリで
最先端の音楽が生まれていた時代。

チェンバロで演奏される楽曲も
数多生まれました。

乾燥したナポリの気候の中で
カラリと軽く乾いたその音が
当時のナポリには響き渡っていたことでしょう。
その光景が浮かぶような一曲をお届けします。

人生も日々足取りは軽くいきたいものです。

 

スッラーリアでは
皆さんからのお便りを募集しています。
お便りはこちらからどうぞ。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー