2017/01/23

【マメヒコ カフエ部】檸檬ケーキのお話し その3

◇ パイ生地からシュクレ生地へ

毎年お召し上がりの方はお気づきかもしれませんね。
今年の檸檬ケーキは土台の生地を変えました。

檸檬ケーキはメニューに登場してから
ずっとパイ生地で作ってきました。
バター、小麦粉、水、塩。
いたってシンプルなパイ生地でしたが、
シンプルなものこそ、ごまかしがきかず、

難しいですよね。

固形のバターが冷たいうちに
粉類と合わせて砂状にし、

それを水で湿らせてまとめる。
まとまった生地をめん棒で伸ばし、
パイ型に敷きつめ、重しをのせて40分くらい焼く。

マメヒコではパイを伸しながら、
豆を炊いたり、マメレットを作ったりします。
同じ作業場で進めるため、バターが溶けやすく、
仕上がりのサクサク感にブレがあることも。

ヒトにもいいときと悪いときがあるように、
ある程度のサクサク感であればOKとしていました。

作るヒトが同じなら、毎年変わらず同じものを
出し続けられるかもしれない。
けれど、マメヒコでは『誰でもできる』
ことも大事な要素のひとつ。
その点、シュクレ生地は作業が
そんなに難しいことはありません。

◇ 卵を使っていないシュクレ生地

シュクレ生地とはクッキー生地のこと。
特徴は2点。
・卵を使ってない
・油分は植物油

とてもヘルシーなんです。

小麦粉、砂糖、塩をサラサラに合わせ、
植物油とわずかの牛乳で合わせる。
材料を混ぜていくと、
そぼろ状のかたまりになります。
これを底面は2mmにそろえ
型の側面には粘土細工のように
ギュッギュッと貼りつけていきます。
技術的なことはほとんどなくて、
誰でもできて生地がダレにくい。
20分で焼けるし、なによりサクサクで美味しい!

たくさんご用意できるよう、
自分たちができることを常に模索して
檸檬ケーキは進化中です。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー