vol63

マメヒコやクルミドコーヒーをやる上では
スタッフをぎゅうぎゅうに管理するというやり方を
とっていません。

スタッフの間で、それぞれの個性を反映した役割が
だんだんと決まっていくのです。
それはまるで藤子・F・不二雄の漫画に出てくる、
キャラクターのよう。

それぞれの役割がチームとしてお店を支えていく、という
いわゆる普通の会社とは違う形で
組織がなりたっているのです。

 

マメクルラジオでは
皆さんからのお便りを募集しています。
お便りはこちらからどうぞ。

https://i2.wp.com/mamehico.com/wp-content/uploads/vol63.png?fit=550%2C309https://i2.wp.com/mamehico.com/wp-content/uploads/vol63.png?resize=150%2C150mamehicoラジオマメヒコマメクルラジオ'16マメヒコやクルミドコーヒーをやる上では スタッフをぎゅうぎゅうに管理するというやり方を とっていません。 スタッフの間で、それぞれの個性を反映した役割が だんだんと決まっていくのです。 それはまるで藤子・F・不二雄の漫画に出てくる、 キャラクターのよう。 それぞれの役割がチームとしてお店を支えていく、という いわゆる普通の会社とは違う形で 組織がなりたっているのです。   マメクルラジオでは 皆さんからのお便りを募集しています。 お便りはこちらからどうぞ。