豆選り会

マメヒコの豆は
手作業で選別しています。

マメヒコでは北海道、千歳にある
豆畑ハタケマメヒコでの豆づくりをしており、 
昨年もたくさんの豆を収穫できました。

20151028104312

ただ、豆というものは
採れたままではどうにもなりません。

良い豆と悪い豆に
選別しなくてはいけないのです。

それを「豆選り(まめより)」といいますが、
それで初めてみなさんが見慣れている豆になるんです。

IMG_3033

マメヒコのお店で棚に並んだ大きなガラスジャーに
様々な豆が入って並んでいる姿、
見覚えがあるでしょうか?

ここにある豆は
ハタケマメヒコから届き、この「豆選り」という選別を経て
選び抜かれた豆なんです。

マメヒコの店頭だけじゃなく、
どんなお店に行ってもきれいな豆しか目にすることがないのは
その前に必ず選別工程があるからなんですね。

一般的には、選別機を持っている農協などが取りまとめて
たくさんの農家さんから届いた豆を一緒くたにして
一度に選別するんだそうです。

「ハタケマメヒコの豆」として選別したい、となると
自分たちで選別機を用意するか、
手作業で選別するか、しかないんですね。

だから、マメヒコでは
手作業で豆選りをやっています。

豆選り8

豆選りというのは、難しい作業ではありません。

収穫の時に混ざってしまった小石や小枝、
豆の鞘や虫食い豆、未熟な豆といったものを一つずつ取り除き、
きれいな豆だけを残していく、それだけです。

ただ、1ヘクタールのハタケマメヒコで昨年採れた豆は
約2トン。

IMG_2480

これだけの量の豆を選別するのに
とにかく、まぁ時間がかかるんです。

マメヒコのスタッフが営業の傍らで豆選りをしたくらいでは
とてもとても終わらない量です。

(でも、これだけあっても1年で使い切ってしまうんですから
マメヒコのメニューでいかに豆を使い、
そして皆さんがどれだけ食べているのか、実感しますね)

ハタケの豆レット

そういうわけで、マメヒコでは、お客さんと
この「豆選り」をする会を行っています。

ボクらマメヒコで商品として使う豆を
お客さんに選別してもらうのは、
なんとも申し訳ないような、
図々しい気持ちもありますが、
この豆選りがなかなか進まなくて
ボクらとしても困っています。

効率のよい方法は探していますが、
やはりそれは高価な選別機を買わない限り難しいのです。

ご興味ある方がいらっしゃるかもしれませんので
ここにお知らせします。

スケジュール

日曜日
 午前の部 10:00~12:30
 午後の部 13:30~16:30

 9月   4日
 9月 18日
 10月 2日 
 10月 9日
 10月 16日
 10月 30日

これ以降の日程は決定次第、お知らせいたします。

会 場

マメヒコ事務所
(三軒茶屋・マメヒココーヴァイヴ奥)
世田谷区太子堂4-20-4
*参加人数等により開催場所が変更となる場合があります。

参加費

無料

体 験

豆選り

ハタケから採れた豆は、
大きいの小さいの、傷んだのと混ざっています。
それを選別し、さらに布で磨いて、使える豆にします。
あたりまえですが、根気のいる作業です。

 

申込はフォームから

豆選り会に参加をご希望の方は、

1.お名前

2.メールアドレス

3.ご参加の日程

をご登録の上、お申込みください。
追って、こちらからご連絡いたします。

 

申込むボタン2

mamehicoお知らせマメヒコの豆は 手作業で選別しています。マメヒコでは北海道、千歳にある 豆畑ハタケマメヒコでの豆づくりをしており、  昨年もたくさんの豆を収穫できました。 ただ、豆というものは 採れたままではどうにもなりません。良い豆と悪い豆に 選別しなくてはいけないのです。それを「豆選り(まめより)」といいますが、 それで初めてみなさんが見慣れている豆になるんです。マメヒコのお店で棚に並んだ大きなガラスジャーに 様々な豆が入って並んでいる姿、 見覚えがあるでしょうか?ここにある豆は ハタケマメヒコから届き、この「豆選り」という選別を経て 選び抜かれた豆なんです。マメヒコの店頭だけじゃなく、 どんなお店に行ってもきれいな豆しか目にすることがないのは その前に必ず選別工程があるからなんですね。一般的には、選別機を持っている農協などが取りまとめて たくさんの農家さんから届いた豆を一緒くたにして 一度に選別するんだそうです。「ハタケマメヒコの豆」として選別したい、となると 自分たちで選別機を用意するか、 手作業で選別するか、しかないんですね。だから、マメヒコでは 手作業で豆選りをやっています。豆選りというのは、難しい作業ではありません。収穫の時に混ざってしまった小石や小枝、 豆の鞘や虫食い豆、未熟な豆といったものを一つずつ取り除き、 きれいな豆だけを残していく、それだけです。ただ、1ヘクタールのハタケマメヒコで昨年採れた豆は 約2トン。これだけの量の豆を選別するのに とにかく、まぁ時間がかかるんです。マメヒコのスタッフが営業の傍らで豆選りをしたくらいでは とてもとても終わらない量です。(でも、これだけあっても1年で使い切ってしまうんですから マメヒコのメニューでいかに豆を使い、 そして皆さんがどれだけ食べているのか、実感しますね)そういうわけで、マメヒコでは、お客さんと この「豆選り」をする会を行っています。ボクらマメヒコで商品として使う豆を お客さんに選別してもらうのは、 なんとも申し訳ないような、 図々しい気持ちもありますが、 この豆選りがなかなか進まなくて ボクらとしても困っています。効率のよい方法は探していますが、 やはりそれは高価な選別機を買わない限り難しいのです。ご興味ある方がいらっしゃるかもしれませんので ここにお知らせします。スケジュール日曜日  午前の部 10:00~12:30  午後の部 13:30~16:30 9月   4日  9月 18日  10月 2日   10月 9日  10月 16日  10月 30日これ以降の日程は決定次第、お知らせいたします。会 場マメヒコ事務所...