• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2016/06/03

ハタケマメヒコ通信 vol.1 ハタケの始まりと5月の遠足

今年もハタケマメヒコが始まりました。

20160602062917

北海道は千歳、
空港からほど近いその場所に
東京のマメヒコのお客さんや札幌在住の方など総勢12名が
「ハタケの遠足」ということで足を運んでくれました。
そこにマメヒコのスタッフも加わり、
みんなで種蒔きをしてきました。

マメヒコのお店で使っている豆は全て
このハタケで育ったものなのです。

ちなみに、今、お店で使っているのは
昨年の秋にハタケマメヒコで収穫したもの。
今年の豆もここから成長し秋に収穫して、
早ければ年末にはカフエのメニューに登場します。

DSC_0594

さて。
今年蒔いた豆は
黄大豆、黒大豆、大納言小豆、
紫花豆、黒花豆、貝豆、栗いんげん、白丸うずら、
の全8種類です。

20160602062822

同じ豆といっても、
種類によって、蒔き方が違います。

大豆、小豆は
「ごんべえ」という手押し種蒔き機を手で種を蒔きます。
そして、その上から足で土をかけます。

DSC_0586

ごんべえを押し、ひたすら土をかけながら
ハタケの端から端まで行ったり来たり。

DSC_0592

足で土をかけるというのは一見簡単そうですが、
これが地味ながら意外と重労働なのです。

 

花豆などいんげん系の豆は蔓を伸ばすので
支柱となる「手竹」を立て、
その竹の根元に豆を蒔きます。

この「手竹を立てる」というのが毎度春の遠足の山場。
とにかく時間と手間がかかります。

DSC_0545

一昨年、昨年の春の遠足でも
とにかくこの手竹は立てても立てても進んでいる実感が沸かず、
本当にこの作業は終わるのだろうか、と焦ったものです。

ですが、今年は参加者の半数が
勝手知ったる経験者だったというのもあって
初めての方にもみんなで教えながら
どんどん進んでいきました。
気づけば終わっていたくらい、
あまりにもスムーズに進んでいて驚きました。

20160602062539

豆蒔きの合間には、
ジャガイモ、カボチャ、ズッキーニ、
ニンジン、トマト、サヤいんげん、
といった野菜の種を蒔いたり、苗を植えたりもしました。

20160602062609

こうして昼間はハタケで汗を流し、
日が暮れてきたら、みんなで豆選りをしたり、
みんなでテーブルを囲んで
北海道の食材をたっぷり使った食事を。

都会暮らしとはずいぶんと違う時間の使い方ですが、
ハタケにはハタケのやることというのが山ほどあるので
のんびりしたイメージとは裏腹に
あれもこれもとやっているうちに
1日はこうしてあっという間に過ぎていきます。

20160602062518

例年よりも暑いくらいの、天気にも恵まれた4日間で
1ヘクタールのハタケに種を蒔くことができました。

播き終えたその翌日には、
見計らったように雨が降り、これで順調に芽が出てくれることを
今は祈るばかりです。

雨で潤ったハタケからは
今まさに芽が伸びようとしている黒大豆を発見。
蒔いてすぐに成長を始める、
その生命力を思い知らされました。

芽

次の「ハタケの遠足」は7月末です。

今回蒔いた種が芽を出し、
ぐんぐんと伸びて青々とした葉を茂らせ、
花豆の真っ赤な花は満開を迎えるころです。

豆の手入れ、雑草取り、
成長の早い野菜の収穫などが待っています。

春とは全く違う、生命力漲るハタケを
味わいにいらっしゃいませんか?

「ハタケの遠足」の詳しいご案内と申込みはこちら

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー