2011/11/06

ハタケMH’11 通信 058

今年も半年はあっという間に過ぎて、ハタケマメヒコ生活もおしまいを迎えました。
収穫を終えたハタケをトラクターで耕して、しぶとく残った雑草を根こそぎひっくり返します。
ゆっくりゆっくり進むトラクターで1ヘクタールのハタケをくまなく走ると、半日近くかかります。

「来年はどうなんだろう。少しは草、減るんだろか。」
暗くなったハタケで、トラクターを降りた井川社長がつぶやきました。

うん。ほんとに、どうなるのだろう。
ちょっと、想像がつきません。

脱穀作業は豆が充分に乾燥してからでないと出来ないので、しばらくサヤの状態で小屋に置いておくことにしました。

とりあえずはこれで、ハタケとはさようなら。

まだ2年目ですが、ハタケマメヒコは確実に進歩しました。
プロジェクトの意義や、進む道のようなものが、よりはっきりとした気がします。
一週間後の12日(土)、三軒茶屋店にて、「ハタケマメヒコ反省会」をします。

反省会といっても、
反省はそこそにして…、
このハタケマメヒコという活動について、思うところをお話しますという会です。

カフエであるマメヒコがなんでまたハタケなんて
と思う方、
自分もハタケやってるんです
という方、
ラジオマメヒコ聴いてます
という方、
ふるってご参加ください。

ご応募お待ちしています。

詳細はこちら

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー