2011/10/03

ハタケMH’11 通信 055

正夢
ではないですが、
本当に霜がおりました。

きっと気温は氷点下までいっていませんが、
霜というのは、地面近くの温度が氷点下になると発生するそうです。
地面近くの温度は、気温よりも数度低いので、気温が5度以下くらいであれば発生することがあるそうです。

5度以下…。
だったんですね。

ハタケマメヒコのお隣りの、米山さんのカボチャ畑もこのとおり。


 

完熟したモノは大きな問題はないそうですが、生育途中のものは、この時点で成長が止まってしまうそうです。

ハタケマメヒコの豆はというと、
黒豆と大豆はまだ青いものが半分くらいあり、
今回の霜の影響がどのように現れるのか、まだよくわかりません。
成長は今日で終わり。あとは乾燥へ向かうのみ。といったところなのでしょうか。
黒豆は、まだむらさき色なのですが…。

花豆や貝豆についても、乾燥しつつあるものが大部分あったものの、
この後どうなるか…。

乾燥が遅くなるというはなしも聞きます。

ピーマンもくったり。

長く長く続いた雨。
去年より2週間以上早く発生した霜。
去年は猛暑。一昨年は冷害。
毎年毎年、「100年に一度」。
来年はなにが起こるのだろうと、早くも考えてしまいました。

藍子

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー