vol11

=20151231=~

ニューヨークはマンハッタン、
その一角に、1890年代後半のかつて
「ティン・パン・アレー(Tin Pan Alley)」
と呼ばれる通りがあったそうです。

直訳すると「錫鍋小路」。
音楽関連の会社が軒を連ね、
それぞれがいつも音楽を奏でていて
それがまるで鍋や釜でも叩いているような賑やかさだったことから
その名がついたそう。

そんなティン・パン・アレーで生まれた音楽の中には
今も愛される不朽の名曲が数多くあり、
その全てを紹介するには
このラジオ1回分の時間ではとてもとても足りないほど。

たくさんの作曲家たちが切磋琢磨しながら
次々と曲を生み出していったその当時の
ティン・パン・アレー煌めきを
どうぞ、感じてください。

https://i2.wp.com/mamehico.com/wp-content/uploads/vol11-1-e1451578574903.jpg?fit=550%2C309https://i2.wp.com/mamehico.com/wp-content/uploads/vol11-1-e1451578574903.jpg?resize=150%2C150mamehicoラジオマメヒコSull'aria '15=20151231=~ ニューヨークはマンハッタン、 その一角に、1890年代後半のかつて 「ティン・パン・アレー(Tin Pan Alley)」 と呼ばれる通りがあったそうです。 直訳すると「錫鍋小路」。 音楽関連の会社が軒を連ね、 それぞれがいつも音楽を奏でていて それがまるで鍋や釜でも叩いているような賑やかさだったことから その名がついたそう。 そんなティン・パン・アレーで生まれた音楽の中には 今も愛される不朽の名曲が数多くあり、 その全てを紹介するには このラジオ1回分の時間ではとてもとても足りないほど。 たくさんの作曲家たちが切磋琢磨しながら 次々と曲を生み出していったその当時の ティン・パン・アレー煌めきを どうぞ、感じてください。