2011/06/09

ハタケMH’11 通信 020

再び備忘録として。

 
今年も雑草がひどいことになる予感ありあり。
うちのハタケの雑草は、シバムギと言って、ランナーで伸びていく。
これの根が畑の中にしこたま入っていて、
いまは土の中に焼きそばの固まりがあるように見える。
焼きそばのママならまだいいのだけれど、
ひとたび雨でも降るとがっちり、地面に根付き、緑の新芽が芽吹く。
 
切り刻んでも土に埋めてもよみがえるゾンビみたいなもの。
 
豆の生育がこのシバムギを押さえるほどまでに元気よく成長しないと、
豆がやられてしまう。
 
 
有効な手立てはラウンドアップという除草剤を使うことだけれど、
薬剤には頼りたくないので、
ひたすら根の大きな固まりは見つけては集め、
ハタケの外に出している。
 
けれど膨大な量に対して手で出せるのはほんの一部だから、
まだまだ先が思いやられる。
 
豆がそれ以上に生育を上回ればいいのだ。
 
単純に豆を植えて育てるだけなら、さほど難しいことはない。
けど実際は、不確定な要素が互いに交錯して、
やらねばならないことが山と増える。
そんなもののすべてにいちいち構っていられない。
 
「ハタケをやりたいんですワタシ」も、というヒトが東京にいると案外たずねてくる。
都会を捨てて田舎暮らしをしたい、
と真面目な顔でボクに言う。
 
写真はイチゴの花
 
それはとても素晴らしいですね。と思う。
日本中、過疎地なのだから、若者は田舎暮らしする方が良いに決まっている。
 
ただ、自分でハタケをやってて思うのは、
これは真面目なヒトだとできないのではないか、と思う。
できないというのは言い過ぎだけど、
真面目に取り組むと案外早い段階で滅入って、
田舎暮らしに見切りを付けてしまうんじゃないかしら。
 
都会を捨てて一念発起で挑んだとしても、
自然はそんなものにこたえてはくれず、
うまく行くも行かぬもおよそ天次第。
寝ててもうまく行くヒトはうまく行くし、行かぬ時は行かぬ。
 
 
ムキになって手で草取りなんかしたって、
結局、自然の猛威にはかなわない。
ましてや、無農薬だの、除草剤を使わないだのと言ってたら、
もう後は野となれ山となれと思わないとできない。
 
それで生業にしようというのは、
ばくちで生計を立てたいというのに近い。
 
真面目に取り組もうとしている仕事が、ばくちで生計を立てるのは辛い。
作るだけでそうだから、ましてや売ることまで考えたら途方に暮れる。
 
補助金や助成金、農協、といった農へのリスクヘッジシステムを
構築するにいたったわけだけれど、そういうものの今の実態は、
自然派農業を始めようと思った志と少し隔たりがある。
 
こういうときに、なんとか事業としてやり抜くヒト、やり抜いているヒトたちは、
どこかテキトーでユーモアがあるなと見ていて思う。
 
田舎のヒトとの人付き合いも独特のコツがあるから、
甘えても甘えすぎてもうまく行かない。
そもそもなにもかもうまくやってくなんてことが都会と違ってない。
表ではニコニコしてても、いなくなればすぐ悪口が始まる。
それは一種の娯楽なんであって、悪意ある人間と取ると疲れる。
 
とどのつまり、あくまでバランスの問題でしかない。
ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー