• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2015/11/02

RMH’15 vol.74 食べ方の先にあるもの


最近、果実の中では
イチゴしか売れなくなってきているらしいです。

それは、イチゴなら収穫したそのまま、
切ることもせずにすぐに食べられる、というのが大きな要因だそうで
手で皮を剥けるミカンですら売れずに
農家の皆さんの頭を悩ませているそう。

同じように、
トマトも包丁でカットしなければ食べにくい大きなサイズは売れず、
ミニトマトばかり売れているようです。

ちょっとそこのコンビニに行けば
ご飯とおかずとサラダとデザートが買えて
今すぐに食べられるんだから
包丁すら使わないものが売れる、
ということはわからなくないけれど。

「あとはもう食べるだけ」というふうに
「材料を収穫するところ」から「食べるところ」までの間を
一足飛びにと端折ってしまうことは
いくらでもできるこのご時世に
例えば、カニを食べるには
足を小さく折って更に手を汚しながら殻から中身を出して食べるけれど
そういう、あえて手間をかけて食べること、
そして食べ方のその先にあるものを考えてみます。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー