2011/05/27

ハタケMH’11 通信 009

午後6時を過ぎるとすごい霧で、
ほんとうに前が見えないくらいになります。
ほぼ毎日のこと。
霧の町・大樹。
日中どんなに晴れていようとも。

手亡の2割を占める、白くない、茶色い手亡。
残った8割が全部上出来かといえばそうではなくて、
もうひとつの関門があります。

「とおし」という道具をお借りしました。
ザルみたいなもので、「手亡用」「小豆用」「大豆用」と、それぞれ穴の大きさが違います。
この「とおし」を通ってしまった豆たちは、残念ながら「小さい」とみなされて…。

通らないでください
そう願いながら豆を「とおし」の上にザーっとあけます。

そうすると…
多くの豆が、



こうして穴にはまります。

これは、
アウトか?セーフか?

1日中この悩みから解放されません。

 

藍子

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー