• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2015/10/30

ハタケマメヒコ’15   通信06〜花豆の脱穀〜

お久し振りでございます。
ハタケマメヒコの田畑ヒロこと相澤です。
近頃は、専ら紫花豆と黒花豆の脱穀、それも蔓からサヤを取り除く地道な作業に追われています。

 

  

貝豆、虎豆や花豆などサヤの長い豆類の脱穀は全て手作業で行います(小豆は除く)。
9月と10月の遠足に参加されたお客さまはご存知と思いますが、地道な作業な上、余りの量の多さに一人ではなかなか前に進みません。
それでもやらなければ前に進んで行かないので、日々黙々と脱穀に取り組んでいます。

雨の日以外(2日に1回位)はハタケを貸して指導をしてくれている武田の父さんが手伝いに来て、
蔓から取り除いてカラカラになるまで乾燥させたサヤを棒で叩いて中の豆を取り出す作業をしてくれています。
これはこれでまた地道な作業で、豆が残っているサヤと全く割れなかったサヤを選り分けて、一つ一つ手で脱穀しています。

  

 

9月の遠足で刈り取った貝豆、虎豆、栗いんげんの脱穀は、唐箕掛け(細かいごみを農具で取り除く作業)を残して全て終了し、
10月の遠足の時に刈り取った、トラック山盛り3台分の紫花豆(今年の紫花豆の1/3)と山盛り1台分の黒花豆の脱穀に終わりが見えて来たので、
昨日(28日)は、更に1/3の紫花豆を手竹の付いたままトラクターに載せD型倉庫内に運び、立て掛けて並べました。

遠足時、青々としていたサヤの多かった紫花豆ですが、根切りをしてから10日経ち、全体的に大分茶色く変色してきました。

天気の良い日は、ビニールシートの上に干したり、家の中の日当たりの良い部屋で乾燥を促していますが、サヤがカラカラに乾くまでにはやはり時間がかかります。

  

冷え込みが厳しい時には霜が降り、先日は初雪が舞った近頃のハタケですが、予報では11月4日頃から暖かい日が続くらしく、そのタイミングで残りの黒大豆と青大豆の収穫をする予定です。

田畑ヒロ(相澤隆智)

  
 

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー