晴天でした。
ほんとに貴重な晴天なので、
私は布団を干し、
米山さんは、ジャガイモを播きました。

私も外にいたかったので、
豆選りを投げ出して、
米山さんのジャガイモ播きを手伝いました。

50cmおきに1コ1コ、イモを置いていく地道な作業。
50m×5列。
思い返してみたら、500コのイモを置いて歩いたんだ。

ジャガイモを育てるとか、
農業をするとか、
東京で聞いたらなんだか遠い世界の話で、
「へーそれはそれはすごいですね。とてもじゃないけど私には」っていう感じで終わってしまうけど、

いざ目の前に土が広がっていて、
去年採れたイモがある。
土に線を引いて、
それに沿って等間隔にイモを置いて歩く。

ジャガイモを育てる
農業をするって、
なんかこんなに、当たり前のことなんだなー

と、イモを置いて歩きながら考えたりしました。

 

藍子

mamehicoハタケマメヒコ '11 十勝晴天でした。 ほんとに貴重な晴天なので、 私は布団を干し、 米山さんは、ジャガイモを播きました。 私も外にいたかったので、 豆選りを投げ出して、 米山さんのジャガイモ播きを手伝いました。 50cmおきに1コ1コ、イモを置いていく地道な作業。 50m×5列。 思い返してみたら、500コのイモを置いて歩いたんだ。 ジャガイモを育てるとか、 農業をするとか、 東京で聞いたらなんだか遠い世界の話で、 「へーそれはそれはすごいですね。とてもじゃないけど私には」っていう感じで終わってしまうけど、 いざ目の前に土が広がっていて、 去年採れたイモがある。 土に線を引いて、 それに沿って等間隔にイモを置いて歩く。 ジャガイモを育てる 農業をするって、 なんかこんなに、当たり前のことなんだなー と、イモを置いて歩きながら考えたりしました。   藍子