• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2011/01/27

NHK ハイビジョン特集 北海道 豆と開拓者たちの物語

ついに遠軽で在来種の豆を作っておられる服部さんの番組が今週末放送です。
昨年ハタケマメヒコへも取材がありました。
年間を通し十勝と遠軽の豆農家を追っかけた至極のドキュメンタリーです。
是非ご覧ください。
—————————————————–
マメヒコ服部さんコンテンツ

■ ラジオマメヒコ

2010年 8/4放送 遠軽の服部さんを訪ねました。 

■ 第6回 服部豆学校 /メヒコの部屋 初夏の畑編

—————————————————–

 

ハイビジョン特集 「北海道 豆と開拓者たちの物語」 

1月30日(日) 午後10:50~午前0:20 NHK BSHiにて放送 

 

「北海道 豆と開拓者たちの物語」明治以来、北海道開拓者が育てた豆は600種以上。しかし農業大規模化で多様な豆が消えてゆく。タイムカプセルのように開拓者の夢と苦難の記憶を宿す豆の知られざる物語。北海道へ渡った開拓者たちは、それぞれの故郷の豆を持って海峡を越えた。色も形も多様な豆は600種以上といわれる。しかし農民の高齢化と農業の大規模化で在来種の豆を作る人は減り、人知れず消えて行こうとしている。80歳を超えた開拓農民の末えいたちが育てる色とりどりの豆は、タイムカプセルのように開拓の夢と苦難の記憶を宿している。番組では、そのつぶやきに耳を傾け、小さな物語を聞き取ろうとする。

 

 

内容

 地上から消えゆく運命にある小さな豆に刻まれた”記憶”をたどり、北の大地に挑んだ開拓農民の営みを記録するドキュメンタリー。

 北海道開拓を志した人々は、日本各地のそれぞれの故郷の豆を袋に詰めて海を渡った。赤、青、黄、緑、紫・・まるで夜空に輝く星のように美しく多彩な大豆やインゲン豆の数は600種以上ともいう。開拓者たちは豆を育てて命をつなぎ、牛馬と共生しながら過酷な開拓の物語を紡いでいった。 

 小さく多様な豆は、一つひとつが時空を超える証言者である。番組では、高齢化が進む開拓農民の大地とともにある暮らしを一年かけて記録した。そして彼らが大切に伝えてきた、色とりどりの豆を、過去と未来を結ぶ遺伝子のタイムカプセルととらえ、そこに、海を越えて入植し広大な原野に挑んだ開拓農民の”夢と記憶”を、詩的映像を駆使して映し出していく。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー