1007-1.JPG

上の方の莢まで茶色くなってきたので、小豆も刈りはじめました。

今こうして無事に刈り取ることができるものは、
小豆畑の何分の一かしかありません。

ほとんどは、鹿に食べられてしまったから。

またいつ鹿が来るかわからないので、
刈り取った小豆は、全部小屋の近くまで運んで来ました。
そして、ちいさな山をいくつも作って

まとめておきました。

1007-2.JPG
さらに、上からネットもかけました。

さらに、帰る前にはその上からブルーシートをかけます。

遠軽の服部さんの畑も、鹿の被害は絶えないそうです。
「そろそろ乾燥しきったから脱穀しようと思って、道具持ってニオ積みのとこ行ったら、豆がなんもないわけさ。あれ~?って。参ったわありゃ」。
と、過去の経験を先日話してくれました。

1007-3.JPG
やだ。
絶対やだ、そんなの。

 

0
mamehicoハタケマメヒコ '10 十勝上の方の莢まで茶色くなってきたので、小豆も刈りはじめました。 今こうして無事に刈り取ることができるものは、小豆畑の何分の一かしかありません。 ほとんどは、鹿に食べられてしまったから。 またいつ鹿が来るかわからないので、刈り取った小豆は、全部小屋の近くまで運んで来ました。そして、ちいさな山をいくつも作って まとめておきました。 さらに、上からネットもかけました。 さらに、帰る前にはその上からブルーシートをかけます。 遠軽の服部さんの畑も、鹿の被害は絶えないそうです。「そろそろ乾燥しきったから脱穀しようと思って、道具持ってニオ積みのとこ行ったら、豆がなんもないわけさ。あれ~?って。参ったわありゃ」。と、過去の経験を先日話してくれました。 やだ。絶対やだ、そんなの。