マメヒコは、「カフエはメディアである」という考えのもと、
カフエという場を使って、たくさんの発信をしています。

そのなかのひとつ、「マメヒコピクチャーズ」は、
映画制作を行っています。
今夏新作の撮影が決まり、日々奔走しています。

今回の撮影では、作る側だけでなく、観る側のお客さまも
巻き込んで作っていきたいと考えるようになりました。

ご参加いただくことで、
マメヒコの作品を好きになってもらえたらいいな、
マメヒコの考えていることや思っていることが共有できたらいいな
と、思っているからです。

今まで二作品作ってきましたが、
どうにもこうにもお金がかかるということが目の前に
問題として降りかかってきます。
今回も同様で、どううまくやっていくかを模索中でした
(現在進行形で模索中です…)。

そんななか、モーションギャラリーの大高さんから
クラウドファンディングを募ってみませんかと
お声をかけていただきました。
初めは躊躇していたのですが、大高さんの熱い想いに押され、
挑戦してみることにしました。

ただただ出資を募るというのではなく、
お客さまに参加して楽しんでもらいながら、
ご協力いただくというかたちにしたらどうかなと、
今回このようなプロジェクトになったのです。

6月から開始したクラウドファンディングですが、
目標金額達成までまだまだ…という現実。

エキストラ出演できたり、
脚本がもらえたり、
本読みに参加できたり、
と、映画に参加できる特典がたくさんあります。

締切まであと少し。
ぜひとも、みなさんにご協力いただき、
一緒に作品を作っていきたいと思っています。

mamehicoマメヒコピクチャーズマメヒコは、「カフエはメディアである」という考えのもと、カフエという場を使って、たくさんの発信をしています。そのなかのひとつ、「マメヒコピクチャーズ」は、映画制作を行っています。今夏新作の撮影が決まり、日々奔走しています。今回の撮影では、作る側だけでなく、観る側のお客さまも巻き込んで作っていきたいと考えるようになりました。ご参加いただくことで、マメヒコの作品を好きになってもらえたらいいな、マメヒコの考えていることや思っていることが共有できたらいいなと、思っているからです。今まで二作品作ってきましたが、どうにもこうにもお金がかかるということが目の前に問題として降りかかってきます。今回も同様で、どううまくやっていくかを模索中でした(現在進行形で模索中です…)。そんななか、モーションギャラリーの大高さんからクラウドファンディングを募ってみませんかとお声をかけていただきました。初めは躊躇していたのですが、大高さんの熱い想いに押され、挑戦してみることにしました。ただただ出資を募るというのではなく、お客さまに参加して楽しんでもらいながら、ご協力いただくというかたちにしたらどうかなと、今回このようなプロジェクトになったのです。6月から開始したクラウドファンディングですが、目標金額達成までまだまだ…という現実。エキストラ出演できたり、脚本がもらえたり、本読みに参加できたり、と、映画に参加できる特典がたくさんあります。締切まであと少し。ぜひとも、みなさんにご協力いただき、一緒に作品を作っていきたいと思っています。