• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2010/07/28

第8回 つべこべ言わない/メヒコの部屋 初夏の畑編

井川

畑の端に一本の基準線を決めます。
決めますね。
メヒコ はいはい、決めました。
井川 そしたら、その横を70cm測ります。
これをひとりでやります。
メヒコ 測りました。
井川 じゃぁ、この紐を持って50m先まで行ってください。
メヒコ はい。
行きました。
井川 じゃぁ、この線から70cmを測って、杭を立てて。
メヒコ ・・・・・・・・・。
立てました。
井川 この紐を強く引っ張って。
メヒコ はい。
井川 もっと強く。
メヒコ はい。
井川 もっともっと。
ほらたるんでるでしょ。
まっすぐぴんと張らなくちゃ。
メヒコ はい。
井川 そうそう。
じゃぁ。杭に紐を結いつけて。
紐の上を歩いてきてください。
メヒコ ・・・・・。
はい。
井川 では、次。ここからまた、70cm測って。
メヒコ はい。
井川 そこに杭を打って。
そこに紐を結いつけて。
メヒコ はい。
井川 じゃぁ。この紐を持って、50m先まで行ってください。
メヒコ はい。
井川 じゃぁ、そこから70cm測って杭を立てて、紐を結って。
紐の上を歩いてきて。
メヒコ はい。
井川 はい。これで、ふたつの畝の目安ができました。
足跡のところが畝。
これをまず、全部にしていく。
メヒコ 全部紐で測る必要あるの?
井川 つべこべ言わない。
藍ちゃんは全部紐で測ってやりました。
メヒコ はい。
井川 次に、その間をこの耕耘機を走らせます。
この耕耘機はガソリンで動くタイプです。それをこうやって押します。
地元で買いました。
メヒコ これは楽しそう。
井川 ではエンジンをかけて。
メヒコ はい。(ブルルルン)
井川 あっ、うまい。なかなか最初はかけにくい。
メヒコ まかせて。ここを行くのね。
井川 足跡の真ん中を歩いて。
ギヤは作業の二速で。
メヒコ はいはい。
では行ってきまーす。
あら。あらあらあら。あらあらあらあら。
井川 もっとまっすぐ。
メヒコ はい。
けど、まっすぐ行かないの。
井川 前を見て。目標決めて。
メヒコ あれ。あれれれれれ。
今度は進まない。
井川 ギヤを上げて。
メヒコ はい。
キャーッ。キャキャキャキャキャ。
井川 ハンドル離して。
メヒコ 止まらないよう。
井川 ハンドルを握ってるでしょ。離して。
メヒコ あぁ。(止まる。)
井川 あぁあ、ぐねぐねじゃない。これじゃやり直しだよ。
メヒコ だって、これまっすぐ行かないわよ。
井川 意外と難しいでしょ。
メヒコ こんなの藍ちゃんと麻衣ちゃんできるの?
井川 できますよ。
メヒコ あたし、もう怖い。
井川 これもね、ほんと試行錯誤。
耕耘機の深さ、後ろについてる培土器の調整。
外の刃を外してみたり、片側だけにしてみたり。
できることは一通りやってみたけど。
正直難しい。
メヒコ そうよ。
井川 でもこの機械が畝幅、と畝高を決める目安だから。
メヒコ なんかね、焼きそばみたいなのが前の刃に絡まって進まないの。
井川 そうなの。あれがやっかいでね。
あれはロータリーで分断された、雑草の根。
シバムギの根です。
メヒコ あんなにあるの?
ちょっと走っただけで、どんだけー、ってくらい出たわよ。
井川 あそこにも、あそこにもある山は畑から出たシバムギの根の山。
これがこの耕耘機に絡まって、なかなかサクサクとは進まないんですね。
メヒコ さて。次は。
井川 そうですね。
いよいよ畝ができたから、ここに豆を播いていきます。
メヒコ やっと豆が見れるわよ。
井川 お待たせしました。
はい、これが田端式、播種器。
メヒコ タバタシキハシュキ?
井川 近くの農家さんから借りてきたの。
メヒコ ずいぶん古そう。
井川 まぁね。今じゃこんなの使ってる人いないでしょうね。
メヒコ ここに豆を入れて歩くのね。
井川 そう。するとね。ここにある回転板が回転して、この穴から、
二粒ずつ畑に落ちる仕掛けです。
メヒコ 円板に穴が空いてるのね。
井川 この板は播くものによって換えるの。
これは小豆用。
これはトウモロコシ用。
メヒコ 大豆用は?
井川 これがないんです。
メヒコ ない?
井川 見あたらないの。
メヒコ なんだよそれ。
ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー