井川 だから、マメヒコとして豆を信じようと。
そんなこと言うと大げさだけど。
豆ならいけるなと。
初めてでも無肥料でも豆なら何とかなるかなと思ったわけ。
メヒコ 豆は根っこに根粒菌という形で
空気中の窒素を定着させる力があるのよね。
昔から豆を育てれば土は肥えるってね。なんだかね。
そんな風にね、言うのよね。
井川 あのね。
ほら、このまだ若い。未熟な大豆をね。抜いてみて。
メヒコ いいの?かわいそう。
井川 いいから。
メヒコ 大豆ちゃんごめんね。
えいっ。
井川 ほら見て。
ここ。
メヒコ あら。あらあら。
これ根粒菌?
井川 そうです。
すごいでしょ。
メヒコ すごい。
井川 まぁ今年だめでもね、
こうやって根粒菌はついたんだから、
来年はもっと豆の力でこの土は肥えるんじゃないかと。
メヒコ そうね。
もしかしたら、十分肥えてる土地かもわからないし。
それは誰にもわからないわけよね。
ここで暮らしてきた雑草だけがほんとのことを知っている。
井川 そう、少なくともボクらよりここのことは雑草だけが知っている。
メヒコ うんうん。まぁ無肥料だということはわかりました。
メヒコ まぁその結果どうだったかは、おいおい聞くとして。
井川 はい。
メヒコ まず、1.この土地を区画整理した。
井川 はい。
メヒコ それで、2.ここに、これこれ植えようと決めた。
井川 はい。
メヒコ そこまで聞きました。
で、そのあとはどうしたわけ?
井川 えっと、ハタケの区画整理のあとの作業は。
ボクは芝を植えること。
まいちゃんとあいちゃんは、畝切りです。
メヒコ ではまず芝植えから聞きましょう。
芝を植えたのは、このハタケの入り口のアプローチでしょ。
いまこのあたしたちのいる小屋に向かって、道になっていて。
その両サイドが芝生になっている。
井川 そうです。
なんとなくハタケの入り口が芝生だといいなと。
それで芝生にすることにしました。
ここが40m×10mなんですが、
ざっと400㎡。
メヒコ 400㎡。130坪ほど。
井川 それに見合う芝を地元の園芸屋さんに頼んだら。
すごい量のロール状になった芝をトラックで持ってきたんですね。
メヒコ うん。
あれ、芝ってロールになってるの?
井川 ボクも始めて知ったんだけど、
太巻きみたいになってるのね。
これがトラック一杯分届いた。
メヒコ それを敷いていくんだ。
楽しそう。
井川 それがね。
ボクが留守中に届いたんだけど、
業者のトラックが
ハタケの脇に置いてってくれなかったの。
メヒコ うんうん。
井川 あすこの木の下にね。
ここから100mくらい離れたところにどさっと置いてった。
メヒコ あら、
少し遠い。
井川 ここではそういうことが命取りなわけよ。
メヒコ そこからここまで運ぶだけでも、
井川 ・・・一週間かかった。
メヒコ あーあ。
井川 トラックでここまで来てくれりゃね、敷くだけでよかったのに。
まぁだれかが、「じゃぁその辺に置いてください」って言ったんだろうね。
メヒコ 何気なく言ったんだろうね。
その辺でって。
井川 その辺でって。
そのあと雨降って、もう、ものすごい重いの。
メヒコ 太巻きが、水吸っちゃったんだ。
井川 そうそう。それを最初は猫車で運んでたんだけど。
最後には頭に来て。
何でボクはネコを押してるんだ(怒)。
ネコはぬかるんだところはひっくり返るし。
誰だ!芝貼るなんて言い出したの、この馬鹿野郎(怒)。
メヒコ あんたやがな(笑)。
井川 そうだ、アイツだ。あの馬鹿野郎。って自分の頭をたたいたりして。
メヒコ 落語か。
井川 そうなの。
それで途中でやけになって、米山さんにショベルカーを借りて。
それでいくらかは楽になったんだけど。
メヒコ 運転できるの?
井川 できまんがなぁ。
手で運ばなくて済むならなんだって運転する。
メヒコ ハハハ。
井川 結局、都会人なんだよ。
すぐ、頭に来ちゃう。
メヒコ ここでは気長じゃなきゃだめでしょう。
井川 ほんと。
いちいちイライラしちゃう。
で、これをはしから、一枚ずつ敷いていったわけ。
メヒコ ご苦労様でした。
井川 そうしたら。途中で驚愕の事実が。
メヒコ なあに?
井川 普通これだけの広さなら種を播くもんだがなって。
メヒコ 種?芝の種?
井川 ロール芝は難しいし、値段も高いんだしなって。
種ならずっと簡単なんだがな。
早く言えよぉ(怒)。
メヒコ そりゃそうよね。
あたしもおかしいと思った。
ゴルフ場なんかはみんな種でしょ。
井川 知らねぇっつーの。
メヒコ あれだけの広さをロールを敷くなんて大変。
井川 ロール芝しか知らないから。
メヒコ 仕方ないわよ。なんでも勉強よ。
ロールの方が早く仕上がっていいのよ。
井川 そうやって芝を敷き終わったの。
この一週間つらいこともあったけど、
がんばったよオレ。よくやったよオレ。と悦に浸ってたら、また驚愕の事実が。
メヒコ 今度は何。
井川 あなたの敷き方は根本的に間違ってると。
下地をきちんと整備してからしかないと根が張らないって。
メヒコ あなたの生き方は根本的に間違ってる。
mamehicoハタケマメヒコ '10 十勝メヒコの部屋井川 だから、マメヒコとして豆を信じようと。 そんなこと言うと大げさだけど。 豆ならいけるなと。 初めてでも無肥料でも豆なら何とかなるかなと思ったわけ。 メヒコ 豆は根っこに根粒菌という形で 空気中の窒素を定着させる力があるのよね。 昔から豆を育てれば土は肥えるってね。なんだかね。 そんな風にね、言うのよね。 井川 あのね。 ほら、このまだ若い。未熟な大豆をね。抜いてみて。 メヒコ いいの?かわいそう。 井川 いいから。 メヒコ 大豆ちゃんごめんね。 えいっ。 井川 ほら見て。 ここ。 メヒコ あら。あらあら。 これ根粒菌? 井川 そうです。 すごいでしょ。 メヒコ すごい。 井川 まぁ今年だめでもね、 こうやって根粒菌はついたんだから、 来年はもっと豆の力でこの土は肥えるんじゃないかと。 メヒコ そうね。 もしかしたら、十分肥えてる土地かもわからないし。 それは誰にもわからないわけよね。 ここで暮らしてきた雑草だけがほんとのことを知っている。 井川 そう、少なくともボクらよりここのことは雑草だけが知っている。 メヒコ うんうん。まぁ無肥料だということはわかりました。 メヒコ まぁその結果どうだったかは、おいおい聞くとして。 井川 はい。 メヒコ まず、1.この土地を区画整理した。 井川 はい。 メヒコ それで、2.ここに、これこれ植えようと決めた。 井川 はい。 メヒコ そこまで聞きました。 で、そのあとはどうしたわけ? 井川 えっと、ハタケの区画整理のあとの作業は。 ボクは芝を植えること。 まいちゃんとあいちゃんは、畝切りです。 メヒコ ではまず芝植えから聞きましょう。 芝を植えたのは、このハタケの入り口のアプローチでしょ。 いまこのあたしたちのいる小屋に向かって、道になっていて。 その両サイドが芝生になっている。 井川 そうです。 なんとなくハタケの入り口が芝生だといいなと。 それで芝生にすることにしました。 ここが40m×10mなんですが、 ざっと400㎡。 メヒコ 400㎡。130坪ほど。 井川 それに見合う芝を地元の園芸屋さんに頼んだら。 すごい量のロール状になった芝をトラックで持ってきたんですね。 メヒコ うん。 あれ、芝ってロールになってるの? 井川 ボクも始めて知ったんだけど、 太巻きみたいになってるのね。 これがトラック一杯分届いた。 メヒコ それを敷いていくんだ。 楽しそう。 井川 それがね。 ボクが留守中に届いたんだけど、 業者のトラックが ハタケの脇に置いてってくれなかったの。 メヒコ うんうん。 井川 あすこの木の下にね。 ここから100mくらい離れたところにどさっと置いてった。 メヒコ あら、 少し遠い。 井川 ここではそういうことが命取りなわけよ。 メヒコ そこからここまで運ぶだけでも、 井川 ・・・一週間かかった。 メヒコ あーあ。 井川 トラックでここまで来てくれりゃね、敷くだけでよかったのに。 まぁだれかが、「じゃぁその辺に置いてください」って言ったんだろうね。 メヒコ 何気なく言ったんだろうね。 その辺でって。 井川 その辺でって。 そのあと雨降って、もう、ものすごい重いの。 メヒコ 太巻きが、水吸っちゃったんだ。 井川 そうそう。それを最初は猫車で運んでたんだけど。 最後には頭に来て。 何でボクはネコを押してるんだ(怒)。 ネコはぬかるんだところはひっくり返るし。 誰だ!芝貼るなんて言い出したの、この馬鹿野郎(怒)。 メヒコ あんたやがな(笑)。 井川 そうだ、アイツだ。あの馬鹿野郎。って自分の頭をたたいたりして。 メヒコ 落語か。 井川 そうなの。 それで途中でやけになって、米山さんにショベルカーを借りて。 それでいくらかは楽になったんだけど。 メヒコ 運転できるの? 井川 できまんがなぁ。 手で運ばなくて済むならなんだって運転する。 メヒコ ハハハ。 井川 結局、都会人なんだよ。 すぐ、頭に来ちゃう。 メヒコ ここでは気長じゃなきゃだめでしょう。 井川 ほんと。 いちいちイライラしちゃう。 で、これをはしから、一枚ずつ敷いていったわけ。 メヒコ ご苦労様でした。 井川 そうしたら。途中で驚愕の事実が。 メヒコ なあに? 井川 普通これだけの広さなら種を播くもんだがなって。 メヒコ 種?芝の種? 井川 ロール芝は難しいし、値段も高いんだしなって。 種ならずっと簡単なんだがな。 早く言えよぉ(怒)。 メヒコ そりゃそうよね。 あたしもおかしいと思った。 ゴルフ場なんかはみんな種でしょ。 井川 知らねぇっつーの。 メヒコ あれだけの広さをロールを敷くなんて大変。 井川 ロール芝しか知らないから。 メヒコ 仕方ないわよ。なんでも勉強よ。 ロールの方が早く仕上がっていいのよ。 井川 そうやって芝を敷き終わったの。 この一週間つらいこともあったけど、 がんばったよオレ。よくやったよオレ。と悦に浸ってたら、また驚愕の事実が。 メヒコ 今度は何。 井川 あなたの敷き方は根本的に間違ってると。 下地をきちんと整備してからしかないと根が張らないって。 メヒコ あなたの生き方は根本的に間違ってる。