今回もゲーテの詩「野ばら」を
ドイツ語で読んでいきます。

前回、1番の途中までだったので
今回はその続きで、1番の終わりまで。

ドイツ語で「野ばら」を歌えるようになるなんて
少し前まではこれっぽっちも考えたことがありませんでした。

ちょっと大袈裟ではありますが
人生なんて何があるかわからないものです。

0
mamehicoラジオマメヒコラジオマメヒコ '15ゲーテ診療所の音楽会今回もゲーテの詩「野ばら」を ドイツ語で読んでいきます。 前回、1番の途中までだったので 今回はその続きで、1番の終わりまで。 ドイツ語で「野ばら」を歌えるようになるなんて 少し前まではこれっぽっちも考えたことがありませんでした。 ちょっと大袈裟ではありますが 人生なんて何があるかわからないものです。