• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2015/04/18

春色サンド

暖かさと寒さが

グラデーションのようになったり

ときにマーブルになったりしながら

さあ、今年も春が来ました。

お久しぶりの、コーヴァイブログです。

マメヒコ コーヴァイヴ、

1月31日にオープンしてから、もうすぐ3か月。

いろんな試行錯誤を繰り返しながら

春に向けたメニューも続々増えてきています。

メニューの試行錯誤。

これって、

やっぱり大変なんです。

経験とアイデアと探究心、

そして何よりチャレンジ精神がないと、

感動するような新しいメニューって

生まれないんですよね。

コーヴァイヴの商品の中で、

“感動するような新しいメニュー”ができた瞬間がありました。

今日はその商品のご紹介。

無題

その名も、純生フルーツサンド。

鮮やかなイチゴの色がかわいい、春色サンドです。

オープン当初のフルーツサンドは

今ではお馴染みのイチゴさんが、

入っていませんでした。

ちゃんと美味しいんだけど、売れない。

ひとつも、売れない。

なんか地味だよね、

フルーツサンド買うならケーキ買うよ、

そんな日々が続きました。

ある日の閉店後、

「これ、食べてみて」と差し出されたのは、

イチゴの赤が入って

すっかり垢抜けた、

改良されたフルーツサンドでした。

「!!??え??なんで!!??なんでこんなに美味しくなってるの!!??」

個人的には

フルーツサンドを食べて、はじめて感動した瞬間だったのです。

フルーツサンドって、こんなに美味しいものだったの!?

DSC_2165 

みずみずしいフルーツたち。

DSC_2154

甘さ控えめの生クリームにすることで、

マメヒコの食パンのやさしい甘味とフルーツの酸味、

お互いが引き立つんです。

コアントローで少し香りをつけた生クリーム、

実は上に重ねるパンには5グラム多く塗っています。

この5グラムがこだわり。

フルーツと食パンの間を埋めるのに、

その5グラムの生クリームが一役買ってくれてるんですね。

DSC_2157

きれいにフルーツを並べていきます。

DSC_2159

ふんだんに、

余白なく。

DSC_2158

圧巻です。

3つに切った時に、

どこから見てもきれいな切り口にするための配置にしているんですよ。

DSC_2164

ラップで包んで、トレイのお布団をかぶせて

30分ほど冷蔵庫で寝かせます。

こうすることで、パンがしっとりしてなじむんです。

手間がかかってますよね。

30分後、

おはようございます。

そして勝負のカット作業。

DSC_2187

食パンの耳を落として、3つに切ります。

どこを食べてもフルーツがぎっしり!

その感動のためには、

耳と一緒にフルーツを切ることも厭いません。

ふわふわのパンに指のあとをつけないように、

表面に触れずに切るのが、

すごく難しいんです。

写真からも、その一瞬の緊張感が伝わってきます。

DSC_2186

こうして完成した純生フルーツサンド。

その美味しさをお客さまがツイートしてくださり、

そのツイートを見て足を運んでくださるお客さまがいらっしゃったり。

うわさがうわさを呼んで

今では、大人気、

あったらラッキー!な一品になりました。

胸を張って美味しいとオススメできるフルーツサンド、

ぜひ一度、食べてみてください!!

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー