• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2014/12/18

ハタケマメヒコについて2

□「豆」は哲学であり、売りではない

実際オープン前に豆の料理やデザートを試作してみたんですけど、
インパクトに欠けるんですね。
非常に滋味なんだけど、地味なんです。
これはいろいろ考えなくちゃいけないぞと思いました。
豆に馴染みのない若いヒトに、
豆を食べてもらうというのは難しいことだと。
キャッチーで美味しい食べ物が、東京には溢れてるんですから。
「豆は健康にいいんですよ、地味だけど食べてくださいね。」
それでお客さんが食べてくれたら苦労しません。
とくに今の若いヒトは食べ物に対して保守的です。
豆を家庭で食べたことのない若いヒトに、
豆を食べてもらうのは無理だと思った。
だから「豆」という漢字を店名に入れないようにしたんです。
「豆」という漢字が入り口にあったら、
豆の持つイメージに引っ張られて、間口が狭まってしまう。
ボクらにとって「豆」は哲学だけど、売りではないと。
それで店名を「Mame-Hico」と「豆」を使わないようにしました。
お客さんには「雰囲気の良いお店だな」とか、
「駅前で便利だわね」とか、なんでもいいからマメヒコを利用してもらって、
それで、いつの間にか「豆」を食べてもらおうという作戦にしました。

  
カフェというのは自由なところがいいと思って始めたんです。
自由こそがカフェの一番の魅力です。
ただその分、核になるものがないと、
なんだかわからない店になってしまう。
それでマメヒコの核は「豆」だと。
そこから感じるイメージとは、温故知新であったりとか、
手間ひまを惜しまないことだとか、
フェイクではない本物を提供するとか、
自然や季節を大切にするとか。
まめまめしく働くなんかもありますね。
「豆」を使ったデザートにこだわるんではなく、
そういう「豆哲学」というのかな、
そういうメッセージをマメヒコのインテリア、
接客、音楽、植栽、すべてに一貫させよう。
そう思って続けていますが、なかなか難しいんですけどね。
 

□在来種の豆との出会い

店のオープン準備中に、自分たちで豆を炊いてみたものの、

なかなかうまくいかなかった。
それで、炊きあがった加工豆を定期的に仕入れられないかと、
一大生産地である北海道の十勝に通いました。
結果としては、
豆は足が早いから(傷みやすい)豆のカフェなんてやめときなさいと、
相手にされなかった。
ただ、通ううちに、北海道の開拓時代の話や、
不作の時に豆で生き延びたという話もたくさん聞きました。
大豆には黒豆や茶豆などの色々な種類があること、
そして小豆はショウズと呼ばれ、
かつては赤いダイヤと言われ高値で取引されていたこと。
インゲン類は様々な種類があり、ツルのあるもの無いもので、
栽培方法も生産地も大きく分かれること。
北海道に行くようになってそういうことを知ったんです。
知らなかった豆のことを深く知っていくのは、
とても楽しかったんです。
開店してから3~4年経った時だったかな。
「在来種の豆」というのを知りました。
北海道の北見周辺で、
在来種の豆を栽培しているという雑誌の記事に目が止まったんです。
それまで使っていたものは道内、
とくに十勝管内で作られていたF1種だったということも、
その時知りました。
読んで面白いなと思いました。
北海道の在来種の豆というのは、
ルーツが開拓時代にさかのぼるんだと。
開拓者として入植してきた時に、故郷に想いを寄せ、
ポケットに故郷の豆をしのばせてきたものがルーツなんだと書いてある。
そして戦後、F1全盛になっても、
味の良い豆は、
女性たちが「美味しいから自家用に」と庭先で大事に育てていたものが、
今もってわずかばかり残っているんだと。
そのストーリーに惹かれました。
  
それで早速、
記事に書いてあった在来種の豆を取り寄せてみたんですね。
炊いてみるとそれが柔らかくすぐ煮えて、味も良い。
遠軽にある長谷川商店や豆農家の服部行夫さんとの出会いはそこからできたんです。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー