• ゲーテ診療所
  • チャンネル
  • ウーダ劇場
  • コーヴァイヴ
  • まめひこさんご近所さん
  • WEBショップ


2014/11/14

「ゲーテ先生の音楽会」観劇予約

名称未設定 1

ここはゲーテ診療所。

都会の雑居ビルにひっそりとある小さな診療所。

そしてここはその診察室。

小さなテーブル、大きなイス。

そして患者用のイスが一つ置いてある。

クリスマスに「ゲーテ先生の音楽会」という音楽劇?を考えました。

舞台は「ゲーテ診療所」という病院です。

そこにはゲーテ先生というお医者さんがいます。

彼は博識な心療内科医なのですが、困った患者さんには無償で診察をしてしまいます。

先生のほかに、看護師のフサコさん、そしてロバ、豚、犬、猫、めんどりがいます。

今日もどこからか、ゲーテ先生の評判を聞いて患者さんがやってきます。

先生の治療はお薬を使いません。

ただ、フンフンと患者さんのお話しを聞いてあげるだけ。

ただ、この聞いてあげるだけというのが、なかなかできるようでできないのです。

そして先生は話しを聞いた後、

ドイツの文人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの言葉を口にします。

先生の机にはいつもゲーテの本が何冊も置いてあるのです。

その言葉を聞いた患者さんは、

なんだか分かったような分かんないような気になり病院を去ります。

すると、診療所まで通って来た道が、帰りには少しだけ違って見えるのです。

なんだか晴れやかな気分になっているのです。

さて、年の瀬も迫ったゲーテ診療所。

今日もゲーテ先生は患者さんを待っています。

ところがゲーテ先生は忘れていたのです。

今日がゲーテ診療所主催のクリスマスパーティーだったってことを。

ワインや生ハム、チーズを食べながら、

ゲーテ先生の歌声を楽しみに近所の人達が大勢集まっているのです。

今日の音楽の演目は先生お得意のJ.S.バッハと讃美歌なのです。

そんなことも知らず、患者さんがやって来ましたからフサコさんは大慌て。

さて、先生はクリスマス会をどうするのでしょうか?

音楽の演目

・Cantata BWV147 「心と口と行いと生活で」 第6曲コラール 「主よ、人の望みの喜びよ」

・カッチーニ 「アヴェ・マリア」

・Cantata BWV 56 「われは喜びて十字架を負わん」

・Oratorio BWV248 「クリスマス・オラトリオ」 第10曲

・Cantata BWV 82 「私は満ち足りています」

・讃美歌No.112 「もろびとこぞりて」

・讃美歌No.111 「神の御子は今宵しも」

・讃美歌No.103 「牧人ひつじを」

・讃美歌No.115 「ああベツレヘムよ」

・讃美歌No.228 「心に主イエスを」

お料理について

当日は

北海道十勝の源ファーム、ホエー豚の生ハム、

そしてイタリアのチーズ、

そしてマメヒコで焼いた特製ゲーテパンを用意します。

食事をしながら、『ゲーテ先生』をお楽しみください。

日程 12/12(金)19:30~

13(土)18:00~

14(日)18:00~

会場 マメヒコ宇田川町店

東京都渋谷区宇田川町37−11

03-6427-0745

お代 3500円

予約 予約制

お名前・人数・ご希望の回をご明記のうえ、info@mamehico.comまでご連絡くださいませ。

こちらからご返信させていただきます。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー