5/31(土)8回目
語り手→マメヒコの井川

「なんだか最近、渋谷の公園通りの様子が変わってきてますねー」
と、困惑気味の井川。

マメヒコはどうしていったらいいのかという井川のお話しです。

———-

「昔は小さな差異を埋めるものを商売のたねとしていた。
けれどいつしか差異はなくなってしまった。
それで企業は、あえて無理に差異を作って売るようになりました。」

「大企業が小さなカフェに目をつけ、
コラボというかたちでやってるでしょ。
大にも小にもそれなりのメリットがあるからね。
あっちこっちで、くっついちゃう。
けど、小にメリットがあるかは実のところわからないと思う」

「商売をインフラにしないとダメだと思いすぎてやしないかしらね。
そんなになんでも便利なシステムが要るのかなと思う。
便利っていうのは結局のところ不便てことなんだよ。」

「『いい!』と思うから買う、というんじゃなくなってしまった。
とりあえずコレでいいかと、漠然と買わせるんだよ。
それだけ忙しんだろうね。
便利じゃないと売れないというのは」

「インフラを持っちゃったらね、いいことなんかないよ。
だって維持することが目的に変わっちゃうんだから」

「興味のないひとたちにものを売るのは大変だよ。
0から1は難しい。
うまく行けば、でもそこが、一番美味しいゾーンだから
みんな頑張るんだろうけど。

けど、うちみたいな小さなとこは、
7を8にするところに力を入れればいんだよ。」

「みんな『あなただけ』が好きだよね。
けど、『あなただけ』は高いんだよ。
手間かかるんだから。
安く『あなただけ』を享受したい、提供したいとなるから、
おかしなことになってる。」

「これからの日本はどうしたらいいかって?
結局、ひとりひとりの能力を高めるしかないんじゃないの。
靴の上から足の裏をかくような、
どうでもいい今のシステムなんかに頼らずに、
身近に最適な人間関係を作れれば、
それがお金もかかんないし、結局1番なんだから」

———-

残すところあと1回となったマメクルです。
最終回をお聞きになりたい方は、応募要項をご明記のうえ、
info@mamehico.comへご連絡くださいませ。

0
mamehicoマメとクルミ5/31(土)8回目 語り手→マメヒコの井川 「なんだか最近、渋谷の公園通りの様子が変わってきてますねー」 と、困惑気味の井川。 マメヒコはどうしていったらいいのかという井川のお話しです。 ---------- 「昔は小さな差異を埋めるものを商売のたねとしていた。 けれどいつしか差異はなくなってしまった。 それで企業は、あえて無理に差異を作って売るようになりました。」 「大企業が小さなカフェに目をつけ、 コラボというかたちでやってるでしょ。 大にも小にもそれなりのメリットがあるからね。 あっちこっちで、くっついちゃう。 けど、小にメリットがあるかは実のところわからないと思う」 「商売をインフラにしないとダメだと思いすぎてやしないかしらね。 そんなになんでも便利なシステムが要るのかなと思う。 便利っていうのは結局のところ不便てことなんだよ。」 「『いい!』と思うから買う、というんじゃなくなってしまった。 とりあえずコレでいいかと、漠然と買わせるんだよ。 それだけ忙しんだろうね。 便利じゃないと売れないというのは」 「インフラを持っちゃったらね、いいことなんかないよ。 だって維持することが目的に変わっちゃうんだから」 「興味のないひとたちにものを売るのは大変だよ。 0から1は難しい。 うまく行けば、でもそこが、一番美味しいゾーンだから みんな頑張るんだろうけど。 けど、うちみたいな小さなとこは、 7を8にするところに力を入れればいんだよ。」 「みんな『あなただけ』が好きだよね。 けど、『あなただけ』は高いんだよ。 手間かかるんだから。 安く『あなただけ』を享受したい、提供したいとなるから、 おかしなことになってる。」 「これからの日本はどうしたらいいかって? 結局、ひとりひとりの能力を高めるしかないんじゃないの。 靴の上から足の裏をかくような、 どうでもいい今のシステムなんかに頼らずに、 身近に最適な人間関係を作れれば、 それがお金もかかんないし、結局1番なんだから」 ---------- 残すところあと1回となったマメクルです。 最終回をお聞きになりたい方は、応募要項をご明記のうえ、 info@mamehico.comへご連絡くださいませ。