2013/05/16

ハタケMH’13 通信 03

ハタケマメヒコは東京のマメヒコのスタッフが北海道に移り住みながら、農業体験をするプロジェクトです。
今年の「’13 ハタケマメヒコ」は北海道、千歳市に1ヘクタールの土地を借り受け、有機、完全無農薬で野菜や豆を作ります。
採れた野菜は東京のマメヒコで味わっていただいたり、たくさん採れたらマルシェでもやろっかな。

この土地で、ずっと有機農業をやってきた「武田のとうさん、かあさん(ともに80ン歳、70ン歳)」がマメヒコの先生です。

ブログのハタケマメヒコ通信ではその様子を伝えていきます。

[5月1日]

今朝ホトトギスが鳴きました。
たぶん初鳴きだと思うけどまだあんまり上手じゃないです。
ホーホケのこぶしの部分が短くて、ケキョケキョたくさん言ってます。

昨日はあいにくの雨…
やむのを待ちながらの作業で、ほとんど進みませんでした。

雨が降ると土が重くなるし機械も入れられなくなるから、キッパリ諦めます。

[5月4日 ]

雨が降ると仕事ができないのがハタケのつらいところ。
連休中は雨ばかり。
それに気温が低く発芽も期待できないし。

雨の切れ間をぬって、とうきびのトンネルがけを5列終わらせたので、一旦お休みすることにしました。

[5月7日 ]

千歳のGWは雨ばっかりでした。

北海道に遊びに来た人たちはきれいな景色が見られなくて残念だったろうなぁ。

今年は21年ぶりの寒さだそうで、この時期はもう少し暖かいらしいのです。
当然、作物の出芽も遅れるだろうと思うと、おてんとさまのお越しを願うばかり。

ジャガイモととうきびのハタケに変化はありませんが、嬉しいことがひとつありました。
家の中で育てているトウモロコシが芽を出しました。

予備苗と言って、出芽しなかった種があったら植えてあげるのです。
とうきびの芽を初めて見ました。

[5月8日]

意外なことでしたけど、農業もスピードが大事なんです。

他の農家より早く作らないとちっとも売れない、ってのがおじいさんがよくいうこと。
そのための努力は惜しまないで今までやってきたんですね。

どんな仕事も同じです。

ブログを検索:
http://www.mamehico.comを検索

アーカイブ

最近のエントリー



カテゴリー