4/27 マメとクルミの朝 vol.6 第2回 影山

古くても良いモノ、大事なモノは、どうやったら守っていけるのか。

前回の問いかけに対する、影山さんの答えから。

・古き良きものを守るには、どうしたらいいのか。

①経済競争力を高める ②ブランド力を高める

という、ふたつの方法があると思う。

・経済競争力を高めるというのは、同じものをより安く作るか、より高く売るということ。

けど、守りたいのは「ひとつひとつていねいに、誠実にやっている」

ということ、そのものだったりするから、

この方法で生き残りを図るのは、ちょっと難しいと思う。

・アメリカの特定の製品がよく売れるのは、ブランド力が強いから。

高いキャラクターグッズとか、壊れやすいパソコンがよく売れる、とかね。

守りたい古き良きモノも、マメヒコやクルミドコーヒーも、

値段で勝負しないのなら、こういうことを無視することはできない。

 ・科学や経済も絶対じゃないとみんなが気付きはじめている今、

世の中は「ひとりひとりの価値観を大切にしよう」という方向に向かっている。

SNSなんかを使えば、個人が自分の「ブランド力」を発信していくこともできる。

・でも、「自分の気持ちなんかわかんないよ」っていう人もいる。

そのことで苦しんでいる人が、たくさんいる。

自分の気持ちや価値観は、他者とのつながりの中でしか見つけられない。

見つけることを支えてくれる人やコミュニティの存在が必要とされている。

・大企業みたいな大きな組織の意志は、どこからくるのだろう。

組織を構成する個人でもなければ、実は経営者でも株主でもない。

大きな組織のシステムは、人間によってつくられたもののはずなのに、

あるとき立場が逆転して、人間がシステムに動かされるようになってしまう。

・世の中のあらゆる状況は、そのときどきの制度と切り離しては考えられない。

資本主義という制度が、競争社会を生み出したように。

新しい状況を生み出すためには、新しい制度を考えなければいけない。

・日本は、断片的にはいいモノを持っているのに、

それを体系化して発信していくということが苦手で、今までしてこなかった。

これからは、日本は日本らしい制度を考えて、世界に発信していくべき。

・どこに新しい状況を生み出すのか。

たとえばインターネットを通したつながりの中に生み出すこともできるかもしれないけど、

僕は「地域」というキーワードの中でやっていきたい。

今回は第6ターム初の、影山さんひとりの回ということで、

次回以降のあらすじという意味も込めて、盛りだくさんな内容になりました。

これからどんなふうにお話が進んでいくのか、乞うご期待です。

mamehicoマメとクルミ4/27 マメとクルミの朝 vol.6 第2回 影山 古くても良いモノ、大事なモノは、どうやったら守っていけるのか。 前回の問いかけに対する、影山さんの答えから。 ・古き良きものを守るには、どうしたらいいのか。 ①経済競争力を高める ②ブランド力を高める という、ふたつの方法があると思う。 ・経済競争力を高めるというのは、同じものをより安く作るか、より高く売るということ。 けど、守りたいのは「ひとつひとつていねいに、誠実にやっている」 ということ、そのものだったりするから、 この方法で生き残りを図るのは、ちょっと難しいと思う。 ・アメリカの特定の製品がよく売れるのは、ブランド力が強いから。 高いキャラクターグッズとか、壊れやすいパソコンがよく売れる、とかね。 守りたい古き良きモノも、マメヒコやクルミドコーヒーも、 値段で勝負しないのなら、こういうことを無視することはできない。  ・科学や経済も絶対じゃないとみんなが気付きはじめている今、 世の中は「ひとりひとりの価値観を大切にしよう」という方向に向かっている。 SNSなんかを使えば、個人が自分の「ブランド力」を発信していくこともできる。 ・でも、「自分の気持ちなんかわかんないよ」っていう人もいる。 そのことで苦しんでいる人が、たくさんいる。 自分の気持ちや価値観は、他者とのつながりの中でしか見つけられない。 見つけることを支えてくれる人やコミュニティの存在が必要とされている。 ・大企業みたいな大きな組織の意志は、どこからくるのだろう。 組織を構成する個人でもなければ、実は経営者でも株主でもない。 大きな組織のシステムは、人間によってつくられたもののはずなのに、 あるとき立場が逆転して、人間がシステムに動かされるようになってしまう。 ・世の中のあらゆる状況は、そのときどきの制度と切り離しては考えられない。 資本主義という制度が、競争社会を生み出したように。 新しい状況を生み出すためには、新しい制度を考えなければいけない。 ・日本は、断片的にはいいモノを持っているのに、 それを体系化して発信していくということが苦手で、今までしてこなかった。 これからは、日本は日本らしい制度を考えて、世界に発信していくべき。 ・どこに新しい状況を生み出すのか。 たとえばインターネットを通したつながりの中に生み出すこともできるかもしれないけど、 僕は「地域」というキーワードの中でやっていきたい。 今回は第6ターム初の、影山さんひとりの回ということで、 次回以降のあらすじという意味も込めて、盛りだくさんな内容になりました。 これからどんなふうにお話が進んでいくのか、乞うご期待です。