4/20 マメとクルミの朝 vol.6 第1回 井川×影山

マメとクルミの朝、第6タームが始まりました。
ハタケの移転にお店の閉店と開店。
大忙しのマメヒコの近況から、話は広がり…

・渋谷店を改装して、映画館カフェにする。
そこに、大きな一枚板のテーブルを入れようと思っている。
そのテーブルは、とても貴重なものなのだけど、

うちで引き取らないと、壊されてしまうかもしれない。
だから、高いけどなんとか引き取りたいと思っている。

・ボクらには古くて良いものを守りたいという気持ちがある。
逆に、寿命を延ばすような最新技術には興味がない。
革新派ですねと言われることが多いけれど、ほんとはすごく保守的なんだと思う。

・保守的なものが少なすぎて、革新的に見えているだけ。

・今の日本では、古き良きものがどんどん解体されてしまう。
ひとりの人間の情熱や哲学を残していくのは並大抵のことではない。
倉本聰の率いる富良野塾には、きっと強い想いとすごい労力がかかっていたのだろうけれど、

残念ながら3年前に閉塾してしまった。

・一方、アメリカではすこし話が違う。
17世紀に建てられたイェール大学は、今でも広い敷地の全体が、調和を保っている。
この違いはなんなのだろう。
ひとつには、カトリックならカトリックという宗教的な団結力なのかもしれない。

・古き良きものを守るために、個人にできることは、たかが知れている。
だからってボクらがここで小さく団結しても、世の中の変化のスピードはますます加速していく。

 土曜日の朝、お店の片隅で開かれる「マメとクルミの朝」。

このしくみ自体が実はすごく保守的だよね、という話でこの会はしめくくられました。

いまの日本には、古き良きものを大切にしている場所が、ありそうでなかなかない。

こういうものを求めているひとたちが、ここに集っているのかもしれません。

mamehicoマメとクルミ4/20 マメとクルミの朝 vol.6 第1回 井川×影山 マメとクルミの朝、第6タームが始まりました。ハタケの移転にお店の閉店と開店。大忙しのマメヒコの近況から、話は広がり… ・渋谷店を改装して、映画館カフェにする。そこに、大きな一枚板のテーブルを入れようと思っている。そのテーブルは、とても貴重なものなのだけど、 うちで引き取らないと、壊されてしまうかもしれない。だから、高いけどなんとか引き取りたいと思っている。 ・ボクらには古くて良いものを守りたいという気持ちがある。逆に、寿命を延ばすような最新技術には興味がない。革新派ですねと言われることが多いけれど、ほんとはすごく保守的なんだと思う。 ・保守的なものが少なすぎて、革新的に見えているだけ。 ・今の日本では、古き良きものがどんどん解体されてしまう。ひとりの人間の情熱や哲学を残していくのは並大抵のことではない。倉本聰の率いる富良野塾には、きっと強い想いとすごい労力がかかっていたのだろうけれど、 残念ながら3年前に閉塾してしまった。 ・一方、アメリカではすこし話が違う。17世紀に建てられたイェール大学は、今でも広い敷地の全体が、調和を保っている。この違いはなんなのだろう。ひとつには、カトリックならカトリックという宗教的な団結力なのかもしれない。 ・古き良きものを守るために、個人にできることは、たかが知れている。だからってボクらがここで小さく団結しても、世の中の変化のスピードはますます加速していく。  土曜日の朝、お店の片隅で開かれる「マメとクルミの朝」。 このしくみ自体が実はすごく保守的だよね、という話でこの会はしめくくられました。 いまの日本には、古き良きものを大切にしている場所が、ありそうでなかなかない。 こういうものを求めているひとたちが、ここに集っているのかもしれません。