1/19(土) マメとクルミの朝 vol.5 第2回 井川

渋谷店の移転、ハタケマメヒコ飯店の閉店(移転?)、

北海道のハタケの移転、

目前に迫った映画の撮影。

それぞれに大きな問題を抱えている、井川による話です。

・  渋谷店の移転先として決めつつある場所は、立地はいいけれど、使用可能な電力量が極端に少なく、

マメヒコをやるにはとてもじゃないけど足りない。ということが最近わかった。

・  飯店は立ち退き料としていくらもらえるのかがはっきりしていないし、

映画を撮っても、飯店の立ち退きが早まればどこで上映するのかという問題もある。

・ 目的は必要だけど、目的だけにとらわれていると、

目的を達成することが目的になってしまう。

・ 本来目指していたものではなく、仕方なくそうせざえるをえなかった、

という風に産まれたモノの方が、世紀の大発明だったりもする。

・ ガイドブックを捨てて、自分の直感だけで進むと覚悟する。

 マイウェイを突き進むと決める。大事なのは鼻が利くこと。

・ 多くのひとは、自分にできることを言ってしまう。

言ってできなかったら避難されるから。

でも、周囲のひとは、言ったくせになにもしないということを避難するのであって、

やった結果ちがってもそれは責めない。

・ お店は、誰がやってもいいようなシステムにするしかない。

自分にとっては妥協のかたまり。

唯一映画なら、ぎりぎりの所まで自分でトリミングできる。

だからやる。

0
mamehicoマメとクルミハタケマメヒコ1/19(土) マメとクルミの朝 vol.5 第2回 井川 渋谷店の移転、ハタケマメヒコ飯店の閉店(移転?)、 北海道のハタケの移転、 目前に迫った映画の撮影。 それぞれに大きな問題を抱えている、井川による話です。 ・  渋谷店の移転先として決めつつある場所は、立地はいいけれど、使用可能な電力量が極端に少なく、 マメヒコをやるにはとてもじゃないけど足りない。ということが最近わかった。 ・  飯店は立ち退き料としていくらもらえるのかがはっきりしていないし、 映画を撮っても、飯店の立ち退きが早まればどこで上映するのかという問題もある。 ・ 目的は必要だけど、目的だけにとらわれていると、 目的を達成することが目的になってしまう。 ・ 本来目指していたものではなく、仕方なくそうせざえるをえなかった、 という風に産まれたモノの方が、世紀の大発明だったりもする。 ・ ガイドブックを捨てて、自分の直感だけで進むと覚悟する。  マイウェイを突き進むと決める。大事なのは鼻が利くこと。 ・ 多くのひとは、自分にできることを言ってしまう。 言ってできなかったら避難されるから。 でも、周囲のひとは、言ったくせになにもしないということを避難するのであって、 やった結果ちがってもそれは責めない。 ・ お店は、誰がやってもいいようなシステムにするしかない。 自分にとっては妥協のかたまり。 唯一映画なら、ぎりぎりの所まで自分でトリミングできる。 だからやる。