1/12(土) マメとクルミの朝 vol.5 第1回 井川×影山

今年も、毎週土曜日の朝に

マメヒコと井川と、クルミドコーヒーの影山さんによる

「マメとクルミの朝」を開催しています。

「ぼくらには、休息が必要だと思いませんか」

昨年末、第4タームの最終回で、なんだか元気のなかった影山さんは、こんなことをつぶやいていました。

年が明けて、この日の影山さんは、晴れやかな顔をしていました。

心が晴れた理由のひとつに、

「部屋を整理した」ということが挙げられていました。

日常的に容赦なくモノを捨てる井川と、

(ときどきそれで困ったことも起きます)

モノを捨てられない影山さん。

相反するふたりのお話で、会場は笑いが絶えませんでした。

例えば本。

・3行読んでつまらなかったら捨てる。

逆に、面白いと思えば、コピーしてノートに貼って、完全に自分のものにする。

基本的に、読み終わった本は捨てる。(井川)

・どんなにつまらくても、読み始めた以上最後まで読み通す。

だからなかなか次の本に進めない。

だから本棚にはまだ読んでいない本がたくさんある。(影山)

例えば歯ブラシ。

・出張先で手に入れた歯ブラシは持って帰ることがしばしば。

家には何本も歯ブラシがある。(影山)

・歯ブラシは家にあったりなかったり。基本的にあまり歯を磨かない。

でも歯医者には行ったことがない。(井川)

もっと極端な例もたくさんありましたが、

とにかく二人は正反対。

影山さんのような質(たち)の人は井川のまわりにはしばしばいるそうで…

・どちらが悪いというわけでもないので、こういうときには、

どの辺りで折り合いをつけるかが大事。

第3の道を考える。

・ひとの質(たち)は捨てられない。繰り返すしかない。(井川)

・ボク自身の質はわりと感情的。でも仕事上では論理的。

どちらも大事だと思う。

なんでも論理的に線をひいてしまうのではなく、

まずは各方面の言いぶんを聞き入れて、

それを論理的に、うまく折り合いをつけていけるような人でありたい。(影山)

・建前上、押し通すことが時には大事。

懐深く、いつまでも受け入れ続けていたら、底なし沼でなにも決まらない。

でもあくまで、建前上。

例えば映画の撮影みたいに、さまざまな分野の人たちを動かすには、

建前上、無理にでも言い切って、

あとでこっそり個別においなりさんをあげる、みたいな、ケアが必要だよ。(井川)

mamehicoマメとクルミ1/12(土) マメとクルミの朝 vol.5 第1回 井川×影山 今年も、毎週土曜日の朝に マメヒコと井川と、クルミドコーヒーの影山さんによる 「マメとクルミの朝」を開催しています。 「ぼくらには、休息が必要だと思いませんか」 昨年末、第4タームの最終回で、なんだか元気のなかった影山さんは、こんなことをつぶやいていました。 年が明けて、この日の影山さんは、晴れやかな顔をしていました。 心が晴れた理由のひとつに、 「部屋を整理した」ということが挙げられていました。 日常的に容赦なくモノを捨てる井川と、 (ときどきそれで困ったことも起きます) モノを捨てられない影山さん。 相反するふたりのお話で、会場は笑いが絶えませんでした。 例えば本。 ・3行読んでつまらなかったら捨てる。 逆に、面白いと思えば、コピーしてノートに貼って、完全に自分のものにする。 基本的に、読み終わった本は捨てる。(井川) ・どんなにつまらくても、読み始めた以上最後まで読み通す。 だからなかなか次の本に進めない。 だから本棚にはまだ読んでいない本がたくさんある。(影山) 例えば歯ブラシ。 ・出張先で手に入れた歯ブラシは持って帰ることがしばしば。 家には何本も歯ブラシがある。(影山) ・歯ブラシは家にあったりなかったり。基本的にあまり歯を磨かない。 でも歯医者には行ったことがない。(井川) もっと極端な例もたくさんありましたが、 とにかく二人は正反対。 影山さんのような質(たち)の人は井川のまわりにはしばしばいるそうで… ・どちらが悪いというわけでもないので、こういうときには、 どの辺りで折り合いをつけるかが大事。 第3の道を考える。 ・ひとの質(たち)は捨てられない。繰り返すしかない。(井川) ・ボク自身の質はわりと感情的。でも仕事上では論理的。 どちらも大事だと思う。 なんでも論理的に線をひいてしまうのではなく、 まずは各方面の言いぶんを聞き入れて、 それを論理的に、うまく折り合いをつけていけるような人でありたい。(影山) ・建前上、押し通すことが時には大事。 懐深く、いつまでも受け入れ続けていたら、底なし沼でなにも決まらない。 でもあくまで、建前上。 例えば映画の撮影みたいに、さまざまな分野の人たちを動かすには、 建前上、無理にでも言い切って、 あとでこっそり個別においなりさんをあげる、みたいな、ケアが必要だよ。(井川)