昼間は残暑が厳しいですが、

夜になると虫の声がして、秋がすぐそこまで来ていると感じます。

さて、マメヒコ夏限定ドリンク、“梅サイダー”。

最後のNo.3シロップに突入しました。

特徴は奈良・西吉野の青梅で、“古城(こじろ)”といわれる種類。

ほぼ全国的に梅が終わるころに採れたもの。

大玉で、熟しかけのものはちょっとだけ紅色の赤みが差していました。

大玉ということは果肉の厚みがあるということ。青梅の状態で漬け、きっちっとシワシワになるまでつけこみました。

熟し始めの梅は最後までシワシワにならずですが、サラッとすっきりした酸味のあるシロップができました。

サイダーで割るとキリッとした爽やかさがあります。

青梅が終盤ということだったので、漬けた量もわずかです。

きっとマメヒコ全店で週末の営業とともに終了になるでしょう。

はたしてNo1~No3 全て飲んでいただけた方っていらっしゃるのかな・・・。 

今年は同時に3種類も青梅シロップが試せました。

その小道具のきっかけになったマメヒコピクチャーズ第一弾の映画が、いよいよ来週末公開です。

マメヒコ飯店が映画館になります。

こちらの情報もHP、各店店頭チラシでどうぞ!!

 ヤス

mamehicoお知らせ昼間は残暑が厳しいですが、 夜になると虫の声がして、秋がすぐそこまで来ていると感じます。 さて、マメヒコ夏限定ドリンク、“梅サイダー”。 最後のNo.3シロップに突入しました。 特徴は奈良・西吉野の青梅で、“古城(こじろ)”といわれる種類。 ほぼ全国的に梅が終わるころに採れたもの。 大玉で、熟しかけのものはちょっとだけ紅色の赤みが差していました。 大玉ということは果肉の厚みがあるということ。青梅の状態で漬け、きっちっとシワシワになるまでつけこみました。 熟し始めの梅は最後までシワシワにならずですが、サラッとすっきりした酸味のあるシロップができました。 サイダーで割るとキリッとした爽やかさがあります。 青梅が終盤ということだったので、漬けた量もわずかです。 きっとマメヒコ全店で週末の営業とともに終了になるでしょう。 はたしてNo1~No3 全て飲んでいただけた方っていらっしゃるのかな・・・。  今年は同時に3種類も青梅シロップが試せました。 その小道具のきっかけになったマメヒコピクチャーズ第一弾の映画が、いよいよ来週末公開です。 マメヒコ飯店が映画館になります。 こちらの情報もHP、各店店頭チラシでどうぞ!!  ヤス