マメヒコの“梅サイダー”、いよいよ始まりました。

マメヒコ全店でご用意。

毎年楽しみにされている方も多く、「やっと出来ましたよー」の気持ちとともに解禁です。

今年の梅シロップはNo.1~No.3まで順にご用意。

青梅の産地や仕込んだ時期が違うので、仕上がりが全て違います。

今回の梅シロップNo.1についてご紹介しましょう。

九州・鹿児島産の青梅。

5月末にまだ南の地域しか梅が出ていないときの青梅。

ダンボールを開けると、新鮮で、艶やかでいい香りが立ち込めました。

梅の名産地は和歌山周辺ですが、調べてみると、いろんなとこで採れ市場で売られています。

早々5月末に、どうしても漬けなくてはならなかったワケがありまして・・・。

6月中旬のマメヒコピクチャー撮影時に、「砂糖が完全に溶けていてかき混ぜられる梅シロップの瓶」が小道具として必要なのでした。

1瓶だけ先行で漬けた梅シロップが、今回のNo.1というわけです。

このシロップは出来量が少ないことから、

きっときっと来週には完売になってしまうでしょう!!

暑い夏がいよいよ到来。

三茶ではテラスで、一杯。

渋谷店では駅から歩いてきた暑さを冷ますべく、一杯。

マメヒコ飯店では3階からの眺めとともに、一杯。

お待ちしております。

 〈作り方〉

毎年6月中旬に青梅を40キロほど仕入れ、砂糖漬けにします。

梅と砂糖が同量。マメヒコでは上白糖ときび砂糖を半々。

青梅を買いそびれると大変・・・。この時期しか売られていないので。

砂糖がじわじわ溶けてきて、約一ヶ月かき混ぜ続け出来た梅シロップ。

それを梅雨明けしたころにサイダー割りにしたのが“梅サイダー”。

いまはもう青梅は八百屋さんで売っていないので、ぜひ来年、お試しください。

梅シロップNo.2、No.3のご紹介も随時いたしますのでお楽しみに! 

 ヤス

mamehicoお知らせマメヒコの“梅サイダー”、いよいよ始まりました。 マメヒコ全店でご用意。 毎年楽しみにされている方も多く、「やっと出来ましたよー」の気持ちとともに解禁です。 今年の梅シロップはNo.1~No.3まで順にご用意。 青梅の産地や仕込んだ時期が違うので、仕上がりが全て違います。 今回の梅シロップNo.1についてご紹介しましょう。 九州・鹿児島産の青梅。 5月末にまだ南の地域しか梅が出ていないときの青梅。 ダンボールを開けると、新鮮で、艶やかでいい香りが立ち込めました。 梅の名産地は和歌山周辺ですが、調べてみると、いろんなとこで採れ市場で売られています。 早々5月末に、どうしても漬けなくてはならなかったワケがありまして・・・。 6月中旬のマメヒコピクチャー撮影時に、「砂糖が完全に溶けていてかき混ぜられる梅シロップの瓶」が小道具として必要なのでした。 1瓶だけ先行で漬けた梅シロップが、今回のNo.1というわけです。 このシロップは出来量が少ないことから、 きっときっと来週には完売になってしまうでしょう!! 暑い夏がいよいよ到来。 三茶ではテラスで、一杯。 渋谷店では駅から歩いてきた暑さを冷ますべく、一杯。 マメヒコ飯店では3階からの眺めとともに、一杯。 お待ちしております。  〈作り方〉 毎年6月中旬に青梅を40キロほど仕入れ、砂糖漬けにします。 梅と砂糖が同量。マメヒコでは上白糖ときび砂糖を半々。 青梅を買いそびれると大変・・・。この時期しか売られていないので。 砂糖がじわじわ溶けてきて、約一ヶ月かき混ぜ続け出来た梅シロップ。 それを梅雨明けしたころにサイダー割りにしたのが“梅サイダー”。 いまはもう青梅は八百屋さんで売っていないので、ぜひ来年、お試しください。 梅シロップNo.2、No.3のご紹介も随時いたしますのでお楽しみに!   ヤス