6/5(火) マメとクルミの夜 vol.3 第6回 影山

今回は影山さんの言葉から。

・一定の判断基準に基づいて結論を出す。

ひとつの考えに基づいて、ひとつの結論を出す。

自分の中できちんと筋道を立てていくことが大事です。

・高校の頃、サッカー部のキャプテンだったので、

出場メンバーを決める立場でした。

その際、

A→うまいけれど、サボりがち
B→ヘタだけれど、練習熱心

どちらを試合に出すかと悩みました。
結果を出せる人を出したい。けれど、一方でそうでない人も必要なんです。

・世間一般として数字に貢献している人=高い給与となります。

数字(売上)に貢献しているひとを高く評価する。

成果主義です。

けれど、カフェの場合、その成果に対する判断基準が曖昧です。

・成果主義を敢行するためには細かな基準が必要です。

これができるようになったら1段階アップ
それができるようになったらまた1段階アップ
という仕組みを作らなければいけない。

しかし、あまりによくできたわかりやすい仕組みで働くと人間はサイボーグ化しやすいんです。

・いい接客をしていれば成果なのか?

モノを作るスピードが早ければ成果なのか?

洗い物して割らない人が成果なのか?

細かく見ていけばいろいろある。

はっきりと成果を認めにくい環境です。

・クルミドコーヒーは、
「自分の中で目標を決め、それに対し頑張ったことを成果とする」

としています。

お店として目指していること、大事にしていること。
それに対し、自分の目標を自分で決め、持っている能力を最大限に発揮すること。
それを評価としているんです。

mamehicoマメとクルミ6/5(火) マメとクルミの夜 vol.3 第6回 影山 今回は影山さんの言葉から。 ・一定の判断基準に基づいて結論を出す。 ひとつの考えに基づいて、ひとつの結論を出す。 自分の中できちんと筋道を立てていくことが大事です。 ・高校の頃、サッカー部のキャプテンだったので、 出場メンバーを決める立場でした。 その際、 A→うまいけれど、サボりがちB→ヘタだけれど、練習熱心 どちらを試合に出すかと悩みました。結果を出せる人を出したい。けれど、一方でそうでない人も必要なんです。 ・世間一般として数字に貢献している人=高い給与となります。 数字(売上)に貢献しているひとを高く評価する。 成果主義です。 けれど、カフェの場合、その成果に対する判断基準が曖昧です。 ・成果主義を敢行するためには細かな基準が必要です。 これができるようになったら1段階アップそれができるようになったらまた1段階アップという仕組みを作らなければいけない。 しかし、あまりによくできたわかりやすい仕組みで働くと人間はサイボーグ化しやすいんです。 ・いい接客をしていれば成果なのか? モノを作るスピードが早ければ成果なのか? 洗い物して割らない人が成果なのか? 細かく見ていけばいろいろある。 はっきりと成果を認めにくい環境です。 ・クルミドコーヒーは、「自分の中で目標を決め、それに対し頑張ったことを成果とする」 としています。 お店として目指していること、大事にしていること。それに対し、自分の目標を自分で決め、持っている能力を最大限に発揮すること。それを評価としているんです。