5/29(火) マメとクルミの夜 第5回 井川・影山

メニュー切り替え時のため、臨時休業している中で行われたマメクル第5回。

マメヒコはメニューにしろ、なんにしろ、常に変えていこうという方針。

しかし、自分がいないと進まないんだよなあ。と、ぼやく井川氏。

・失敗のないような仕組みを作ろうとしてもあまり意味がない。

・多数決で善し悪しを判断することは良いこともあるけれど、

いまの多数決は形ばっかりです。民主主義の限界が来てるんだと思います。

話し合っていくうちに重要なことからずれている。

そうなってしまったら結果なんてどっちでもいいと思ってしまいます。

実際、大事なことは何も進んでないんですから。

それでも世の中が平和だからそれでいいのかもしれませんけど。

・今の世の中のシステムは誰でもこなせるようにできています。

自分でなくてもいいんじゃないか、という閉塞感がある。

個人というものがおとしめられている。

自分になんかなんにも出来ないと。

・世の中の仕組みから降りることを覚えたほうがいい。

しかし、降りにくい世の中ですね。

個人はおとしめられてますから。

降りてもだいじょぶですよという受け皿もない。

だからって政府に受け皿を作れと文句を言うのも、どうかなと思います。

・お金というのはタイムラグがあるものです。

投資したらすぐに戻ってくるというものではない。

いつ、どういう形で返ってくるかわからない。

長いスパンで物事を見るんです。

それには哲学が要りますけど。

・誰かにもらったバトンを次へ渡してるんだという気がします。

ボクらは誰かに何かをもらっているんです。

そして誰かになにかをしてあげている。

けれど、あげたヒトが直接お礼を言って返してくれるとは限らない。

どこかで返ってくるかもしれないなという程度で生きていくしかない。

とりあえずもらえるものはもらっておこう。という人とボクは話しをしたくないです。

なぜってそういうヒトとはそもそも話しが通じませんから疲れるんです。

・何かをするんですから、用意周到にことを運んでも批判は浴びますよ。

でも大概どうでもいい批判ですね。

 言ってみりゃ、既得権益を持つヒトからのいちゃもんみたいなもんです。

そんなもの真摯に受け止めてたらダメですよ。人間が小さくなる。 

右から左へ聞き流すことが大事です。

受け止めるのではなく、かわすことです。

・キャラクターという言葉がありますね。あれは、もって生まれたものという意味です。

 パーソナリティーという言葉がありますね。

 あれはペルソナ(仮面)で生まれた後に形成された人格です。

 ボクはその人の持っているキャラクターを生かしたい。

 その人の中にいる少年・少女性と話しをしたいんです。

 仮面の方にはあんまり関心がないんです。 

mamehicoマメとクルミ5/29(火) マメとクルミの夜 第5回 井川・影山 メニュー切り替え時のため、臨時休業している中で行われたマメクル第5回。 マメヒコはメニューにしろ、なんにしろ、常に変えていこうという方針。 しかし、自分がいないと進まないんだよなあ。と、ぼやく井川氏。 ・失敗のないような仕組みを作ろうとしてもあまり意味がない。 ・多数決で善し悪しを判断することは良いこともあるけれど、 いまの多数決は形ばっかりです。民主主義の限界が来てるんだと思います。 話し合っていくうちに重要なことからずれている。 そうなってしまったら結果なんてどっちでもいいと思ってしまいます。 実際、大事なことは何も進んでないんですから。 それでも世の中が平和だからそれでいいのかもしれませんけど。 ・今の世の中のシステムは誰でもこなせるようにできています。 自分でなくてもいいんじゃないか、という閉塞感がある。 個人というものがおとしめられている。 自分になんかなんにも出来ないと。 ・世の中の仕組みから降りることを覚えたほうがいい。 しかし、降りにくい世の中ですね。 個人はおとしめられてますから。 降りてもだいじょぶですよという受け皿もない。 だからって政府に受け皿を作れと文句を言うのも、どうかなと思います。 ・お金というのはタイムラグがあるものです。 投資したらすぐに戻ってくるというものではない。 いつ、どういう形で返ってくるかわからない。 長いスパンで物事を見るんです。 それには哲学が要りますけど。 ・誰かにもらったバトンを次へ渡してるんだという気がします。 ボクらは誰かに何かをもらっているんです。 そして誰かになにかをしてあげている。 けれど、あげたヒトが直接お礼を言って返してくれるとは限らない。 どこかで返ってくるかもしれないなという程度で生きていくしかない。 とりあえずもらえるものはもらっておこう。という人とボクは話しをしたくないです。 なぜってそういうヒトとはそもそも話しが通じませんから疲れるんです。 ・何かをするんですから、用意周到にことを運んでも批判は浴びますよ。 でも大概どうでもいい批判ですね。  言ってみりゃ、既得権益を持つヒトからのいちゃもんみたいなもんです。 そんなもの真摯に受け止めてたらダメですよ。人間が小さくなる。  右から左へ聞き流すことが大事です。 受け止めるのではなく、かわすことです。 ・キャラクターという言葉がありますね。あれは、もって生まれたものという意味です。  パーソナリティーという言葉がありますね。  あれはペルソナ(仮面)で生まれた後に形成された人格です。  ボクはその人の持っているキャラクターを生かしたい。  その人の中にいる少年・少女性と話しをしたいんです。  仮面の方にはあんまり関心がないんです。