カフエ マメヒコの考えかた

「カフエ マメヒコ」は、日本古来のお豆と美味しい珈琲を楽しめるカフエとして2005年にできました。賑やかな渋谷と三軒茶屋の街のなかでひっそりとたたずむマメヒコは、みんなにとって大切な場所でありたい、ぼんやりとそう思って始めました。気が立っているとき、マメヒコで一杯の珈琲を飲めば、もやもや気持ちがすっと収まるとか、さぁやろう、と前向きになるとか。そのために「マメヒコ」は、いつも本物の素材を使うこと、そしてなにより変化し続けることを大事に思っています。

Mame-Hico’s way

Cafe Mame-Hico has founded in 2005 as a cafe where you can enjoy Japanese traditional beans and tasty coffee. In starting Cafe Mame-Hico, standing quietly in busy Shibuya and Sangenjaya, we hoped vaguely it would become a special place for everyone. You could calm down or you could become positive to start something with a cup of coffee at Mame-Hico, even when you are irritated. To be such a place, it is important to use authentic ingredients and to keep changing more than anything, we believe.

マメヒコは空間

カフエにとっていちばん大切なことのひとつは店内の空間。家具なども自分たちでデザインしたり、マメヒコの世界観にぴったりのものを探して使っています。テーブルなどの主だった家具は、無垢の広葉樹を使って、その店、その店に合った家具を特注しています。すべてマメヒコのオリジナルデザインで、生粋の家具職人が隅々まで気を配り作ったものです。手や唇などが触れるカトラリーや食器は、驚きがあってフィットするものを何度も検討し、世界中から集めたり。マメヒコはマメヒコの細部に宿っています。食材から空間、音楽、そしてなにより接客。マメヒコのすべては心地よい空間を作るために準備しています。そして、日々良き変化を続けています。マメヒコであり続けるためには、変わり続けなくてはならないということが一番大事なんだと思います。

Mame-Hico is “space”

One of the most important elements of cafe is it’s interior. We look for furniture best suited to our world view and sometimes even design our original furniture. The main furniture such as tables is order-made to suit each cafe perfectly, using solid hardwoods. The design is our original and craftspersons made them carefully. Cutlery and dishes are touched by hands and lips and we chose the best fit from all over the world. We care in every detail of Cafe Mame-Hico. From foodstuffs, space, music, and above all, customer service. Mame-Hico prepares to create a comfortable space. And we keep on making good changes everyday. The most important thing to keep being Mame-Hico is keeping changing, we think.

あなたの体を作る

マメヒコでは本物の食材を使い、手間の掛かることを大事にしています。たとえば粉チーズ。業務用の袋詰めを仕入れて使うほうがずっと簡単なのですが、マメヒコでは塊のチーズを使う直前に粉にしています。そのほうがずっと風味がいいからです。すべてにおいて手間のかかることをしているので、どうしても値段が高くなってしまいます。渋谷や三軒茶屋には安くて美味しいお店ばかりですから、お客様に選んでいただきにくいかもしれません。それでもマメヒコは、きちんとした食べ物、きちんとした飲み物、きちんとした空間のカフエが日本にはあるんだということを多くの人に知ってもらえたらと思っています。あなたの身体を作っているのは食べ物です。それはもう間違いありません。ボクらカフエ マメヒコも、食べ物や飲み物を作ってお出ししています。大袈裟な言い方を許してもらえるなら、マメヒコも皆さんの身体を作っている一端を担っていると言えるんだと思います。使う食材のどれをとっても、まぁいいかとはしたくない。塩一つとってても、砂糖一つとっても、チーズ一つとっても、生クリーム一つとっても、小麦粉も、そば粉も、豚肉も、小豆も、珈琲豆も。どれをとってもみなさんの口に入り、みなさんを作る。そういう食べ物を出していることに、責任を感じているし、きちんとやりたいと思っています。けれど、所詮カフエなんですね。みんなが楽しくて気軽に使えなくてはいけません。
だから。きちんとしようという思いを美味しさという形で、背負いたい。ボクらカフエ マメヒコはそう思って毎日、毎日、朝から遅くまで、自分たちの身体のことは置いといて、責任を果たしたいと(自己満足なところも多分にあるでしょうけど)やっています。 

Making your body

Mame-Hico uses authentic ingredients and takes time-consuming labor. For example, powder cheese. It is far easier to use ready-made powder cheese, but we grind block cheese to a powder just before using it. That is because it tastes much better. We select ways requiring time and effort, and then the price inevitably increases. Since there are so many cheap and tasty shops in Shibuya and Sangenjaya, we might not be chosen. Still, we hope many people notice that there is a cafe with proper foods, proper drinks and neat space in Japan such as Mame-Hico. You are what you eat. That is true for sure. We serve foods and drinks as a cafe. Being allowed to say in an exaggerated way, we could say that Mame-Hico also takes part in making your body. We would like to pay attention to everything we use. Even salt, sugar, cheese, fresh cream, flour, buckwheat flour, pork, red beans and coffee beans. Everything entering into your mouth makes your body. We regard serving foods is heavy responsibility and we would like to do it properly. However, it is a cafe after all. Everyone should have fun here and feel free to use.
Therefore, we would like to deliver our thoughts in the form of tasty dishes. Mame-Hico opens every day to fulfill our responsibilities from morning till late, taking ourselves aside (partly for our self-satisfaction).